革命児サパタ|MOVIE WALKER PRESS
MENU

革命児サパタ

1952年12月24日公開,0分
  • 上映館を探す

1911年のメキシコ革命に活躍したエミリアノ・サパタの半生記で、ダリル・F・ザナック製作になる1951年作品。「怒りの葡萄」のジョン・スタインベックが脚本を書き下ろし、「欲望という名の電車」のエリア・カザンが監督した。撮影は「暗黒の恐怖」のジョー・マクドナルド、音楽は「欲望という名の電車」のアレックス・ノースの担当である。主演は「欲望という名の電車」のマーロン・ブランド、「失はれた地平線」のマーゴ、「征服への道」のジーン・ピータースで、以下「血と砂(1941)」のアンソニー・クイン、「探偵物語」のジョセフ・ワイズマン、「セールスマンの死」のミルドレッド・ダンノックらが助演する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

1911年、ダイアス大統領の圧政に苦しんでいたメキシコ農民の中に、エミリアノ・サパタ(マーロン・ブランド)という青年がいた。彼は土地問題でお尋ね者となったため、兄ユーフェミオ(アンソニー・クイン)、友人パブロとその女ソルダデラ(マーゴ)を連れて山に隠れたところ、ある日フェルナンドという男からテキサスに住む革命家マデロのことを聞かされた。サパタは自分から革命に乗り出す気こそなかったが、マデロには惹かれるものを感じてパブロをテキサスに送ることにした。サパタはかねて町の豪商の娘ホセファ(ジーン・ピータース)と相愛の仲であったが職のないお尋ね者では女の親が許すはずもなく、彼は歓心を買うため金持ちの牧場に雇われることになった。この働きが賞でられて、やがて彼は警察の追求も解けた。ホセファとも対等の立場に立つようになった頃、パブロの手引きで彼はマデロと会見した。フェルナンドの計画によるとサパタとマデロが南北呼応して立てば革命は成就するはずだったが、サパタは固く断った。しかし、偶然の事故から彼は再びお尋ね者となり、官憲に捕らわれた。兄やパブロらが民衆の助けで彼を救ったことが革命の口火となり、ついにサパタは同志の協力を得て南部一帯を征圧した。北からはマデロが首都に攻め入った。メキシコが民衆の手に帰した時、サパタはホセファと結婚した。平和主義者のマデロの意向によりサパタは武装を解除したが、その隙を見てフェタ将軍が裏切りを行ない、マデロは暗殺された。サパタはフェタ将軍を倒したものの、この事件はパブロとマデロが自分をおとしいれる罠であったと邪推し、パブロを殺害した。彼は大統領に推されたが、兄ユーフェミオは権力に敗れ非業の死をとげた。かねてサパタを亡きものにしようとしていたフェルナンドは、彼の留守中サパタ討伐軍を起こし、卑怯にもある屋敷の中庭に彼をおびき出し、伏兵の一斉射撃はついにこの一世の革命児の命を奪った。

作品データ

原題
Viva Zapata!
製作年
1951年
製作国
アメリカ
配給
フォックス極東
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.7
  • 晴耕雨読

    3
    2009/9/17

     「権力は腐敗する」と言う言葉が思い起こされる映画であり、作品の中で語られる「弱い国民は強い指導者を渇望し、強い国民は弱い指導者を望む」と言う言葉は古今東西の国の歴史を見ても意味深な含蓄を感じます。原題は「サパタ万歳」ですが、この原題からして内容は明らかに革命の話だと言うことが分かります。しかし、本編は「チェ39歳 別れの手紙」、「チェ28歳の革命」のような革命礼賛の映画ではありません。ダイアス大統領の独裁政権の圧政からメキシコを解放した、北のパンチョ・ビラ、南のサパタ。彼ら二人には遠望長大な国家観はなく、政治的な能力・手腕に関しても疑問符を打たざるを得ません。彼らは自分を慕う農民の土地を占有者から取り戻そうとしただけなので、国家を統治しようとする意欲も情熱も微塵も持ち合わせていないことが分かります。

     脚本をジョン・スタインベックが書き上げていますが、彼の文学「怒りの葡萄」同様に、搾取される人間と搾取する人間を対照的に描き、政権交代があっても農民は只管、自分の耕作地を守らなければならないという素朴な思想はエリア・カザン監督の思想そのものなのかもしれません。クライマックスでは兄ユーフェミオ(アンソニー・クイン)の生き方に見られる、激動時の英雄は平穏な法治国家になったときには不要な人物であることが非情な視線で描かれます。主人公のエミリアノ・サパタ(マーロン・ブランド)にも同じことが言え、映画冒頭でダイアス大統領に対して意見を具申した彼が、為政者となってダイアス大統領と同じ体験をすることが印象的です。この場面でサパタに意見具申をする農民はヘンリー・シルヴァーだと思ったのですが間違っているかもしれません。

     そして、衝撃なラストシーンですが…権力によって翻弄される弱い立場の農民たちが、自分たちの味方になってくれる強い指導者を渇望していることが強く伝わってきます。弱者である農民たちの思いは、コスタ・ガブラス監督の「Z」の意味「彼は生きている」ことと同じであり、白土三平の劇画「忍者武芸帳」で見られる影丸の不死身の復活劇でもあり、常に弱者を救済するために何度でも現れてくれることにあると言えるでしょう。ホセファ役のジーン・ピータースは魅力がありましたが、女優としては大成しなかったようです。何故ならば大金持ちのハワード・ヒューズが自分の細君にしてしまいましたから。

    【NHK・衛星第二放送】鑑賞

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告