女豹|MOVIE WALKER PRESS
MENU

女豹

1985年12月27日公開,72分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

マザーコンプレックスの画家とその妹への肉欲をめぐって起こる連続殺人を描くミステリー。脚本は「俗物図鑑」の内藤誠と後藤大輔の共同執筆。監督は「制服百合族 悪い遊び」の小原宏裕、撮影は「オフィス・ラブ 真昼の禁猟区」の杉本一海がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

入鹿夕子は長い海外生活から数年ぶりに日本に帰って来た。郊外にあるオーロラ・コーポには入鹿一族が住んでおり、その夜から彼女はそこで暮すことになる。入鹿一族はかつて、ある村に住んでいたが、そこがダムになり湖底に沈むことになったのだ。夕子が邸に入っていくと、パーティの最中で、晶子という18歳の娘が男たちに輪姦されていた。中心になっているのは夕子の兄で画家の卓也だ。翌朝、卓也と妻の貴子は息のない晶子を車で運び、山奥に捨てると、二人は激しく貪り合うのだった。夕子が鉄格子の部屋を見つけると、そこに高級ブティック、アリスの服があった。夕子はアリスを訪ねると、オーナーの三田は、ある画家が若い娘に服を着せてパーティをやるのが好きだとの話を聞く。三田は夕子にもその画家を紹介するといい、ホテルのバーで待ち合わせた。飲み物に薬が入っていたのか、夕子の意識が薄らいでいく。卓也は夕子を認めると、三田に好みではないと去っていく。夕子が意識を戻すと、かつて恋人でルポライターの伊吹がいた。彼は、アリスで服を買ってもらって失踪する若い女の事件を追っていた。数日後、賞を受けた卓也のパーティが行なわれ、峰子という娘が消えた。夕子は何とか兄を説得しようと決意する。兄の部屋に入っていくと、そこは夕子の絵ばかりがあった。貴子によると、卓也はどんなモデルを使っても夕子になってしまうという。夕子は兄に自分を描いてもらうと、激しく体を重ねた。貴子は卓也と自分に注射を打つと、やがて二人は息を引き取った。遠くからオーロラ・コーポに向かうパトカーのサイレンが聞こえてきた……。

作品データ

製作年
1985年
製作国
日本
配給
にっかつ
上映時間
72分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?