子連れ狼 地獄へ行くぞ!大五郎|MOVIE WALKER PRESS
MENU

子連れ狼 地獄へ行くぞ!大五郎

1974年4月24日公開,84分
  • 上映館を探す

“子連れ狼”シリーズ第六作目。柳生一族の陰謀のために妻を殺され、怨念の旅を続け、冥府魔道に生きる拝一刀、大五郎親子を描く。脚本は「子連れ狼 冥府魔道」の中村努、監督は「海兵四号生徒」の黒田義之、撮影は「御用牙 鬼の半蔵やわ肌小判」の牧浦地志がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

江戸の柳生邸では、三人の息子を失った烈堂が、最後の切り札、一人娘・香織の“お手玉の剣”で拝一刀必殺を狙っていた。“お手玉の剣”とは、剣を二本持ち敵と相対し、一本を空中に放り投げ、相手が落下してくる剣を交わそりうとすれば、今一つの剣でその虚をつき、その剣を交わそうとすれば、落下してくる剣で倒す、というのである。その頃、拝一刀と大五郎は、拝家の菩提寺西生寺に墓参のため山陽道を京都に向っていた。西生寺では、烈堂配下の黒鍬衆が待伏せていたが、一刀は、箱車の連発銃で全滅させた。そして一刀は大五郎に言った。「母の墓前に誓おうぞ大五郎、今こそ、柳生烈堂を討つ!」。やがて、一力父子と香織は、京のはずれで対峙した。一刀は大五郎を肩車にして身構え、香織は一刀めがけ突っ走り、短剣を水平に投げた。その短剣を交わした一刀の胴太貫が一閃。香織は、大五郎の可愛さにお手玉の剣を使えなかったのだった。香織の死を知った烈堂は、土蜘珠族の総帥で、烈堂の子で妾腹であるが故に屋敷を追われた土蜘蛛兵衛を頼った。兵衛は、土蜘蛛族出陣の儀式で、土を掘り返して棺から三人の戦士、無常、無我、無門を蘇らせ、拝一刀殺害を命じた。三人は、一刀に「うぬら父子の行く所、関わりのない者が死ぬ」と警告し、一刀の泊まった旅篭の客を皆殺しにした。やがて、琵琶湖で、土蜘株族をひきいた兵衛は一刀を迎え撃った。さしもの一刀も危機に落入るが、一刀は、兵衛の武士としての誇りに巧みにつけ入り、一対一の勝負に挑ませ、兵衛を倒した。深手を負った兵衛は、土蜘蛛の館に戻り、妹・梓に土蜘株の血を絶やさぬように自分の子を生め、と迫った。しかし、急を聞きかけつけた烈堂は、兵衛と梓を斬った。「オロカ者めが!武士の、勝負のと、拝一刀を討ちとれたのに!」そして烈堂は、黒鍬、土蜘珠族の総力を結集して陣頭指揮をとることにした。樹氷がきらめく大雪源に、大五郎を乗せた箱車に橇をつけた一刀が行く。やがて、山の稜線より烈堂率いるスキーをつけた黒鍬衆が現われ、雪の山腹で、橇とスキーの壮絶な大殺陣が展開されていく……。

作品データ

製作年
1974年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
84分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.7
  • 晴耕雨読

    3
    2009/10/10

     映画版「子連れ狼」は、TV版「子連れ狼」に敗訴したのか(!?)映画版の本シリーズは第六作をもって“完”となってしまいます。裏柳生からの刺客は続々と拝一刀を襲撃しますが、一刀は次々にこれを撃破していき、何と!クライマックスでは007ばりのスキーとソリのチェイスシーンまで用意されているのです。

     しかし、映画の切れ味は三隅研次監督に一歩及ばずの感が否めません。この映画製作中でも小池一雄原作の劇画は継続中だったため、拝一刀と柳生烈堂の雌雄決着は未完のままとなります。結局、劇画によって勝負の行方を知ることになりますが、黒澤明監督の晩年の作品のようなペシミスティックなエンディングに“鬱”状態になってしまいました。

    【劇場名・不詳】鑑賞
    【レンタル・ビデオ】鑑賞

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告