血を吸う薔薇|MOVIE WALKER PRESS
MENU

血を吸う薔薇

1974年7月20日公開,83分
  • 上映館を探す

女子学校に夜毎出現し若い娘を次々と襲う吸血鬼と、新任教師との対決を描いた恐怖映画。脚本は「鬼輪番」の小川英と武末勝、監督は「呪いの館 血を吸う眼」の山本迪夫、撮影は「神田川」の原一民がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

八ケ岳山麓にある八十年の伝統を誇る聖明学園に、東京から若い教師・白木が就任して来た。学長邸に案内された白木は、学長から後継者にすると告げられた。その夜、学長邸に治った白木は、半ば夢遊病状態のまま二人の女に会った。一人は胸元に二つの傷跡のある女、もう一人は死んでいるはずの学長夫人。彼女の唇からは二本の牙がのぞいていた。翌朝、目覚めた白木は地下室の入口を発見した。中は祭壇と黒い柩。柩の中は穏やかな学長夫人の遺体だった。舎監室に移った白木は三人の寮生西条久美、林杏子、三田村雪子と校医の下村と知り合った。そして、白木は下村たちから一生徒の蒸発事件を知った。その生徒と言うのは幻想の中で出会った女生徒だった。数日後、妖怪伝説に興味を持っている下村は、白木にこの土地にまつわる伝説を話した。それは二百年も昔、転びバテレンとなった一人の白人が、この村に現れ吸血鬼になった、というのだった。明日から春休み。だが、一輪の白薔薇で傷ついて以来、催眠術にでもかかったかのようになった杏子が心配で、久美と雪子は帰郷を止めた。その夜、杏子が突然雪子を襲った。いつの間にか現われた学長も白い牙をのぞかせていた。雪子の悲鳴を聞き白木と下村が駈けつけると、学長は姿を消し、杏子は階段から転落死した。下村が学長を追って林の中へ入って行くと雪子の胸に牙をたてている黒マント姿の学長がいた。夢中でカメラのシャッターを切る下村。だが、その目の前に学長の姿が大きく迫って来た……。雪子が胸に噛傷を残して倒れている。その側に下村のカメラが落ちていた。杏子の死因について高倉刑事は事故死として処理した。白木は学長が犯人だ、と主張するが、吉井教授の証言で学長の容疑は消えた。夜になると雪子は自ら地下室に入った。そこにいる学長夫人は、雪子の顔に短剣を当て切り裂き、その生皮の仮面を自分の顔にかぶせた。雪子は白木を林の中の底なし沼に呼び出した。白木には雪子が学長夫人であることが分っていた。突然吉井が白木を襲ったが、大格闘の末、下村や多数の人たちが沈められている底なし沼に吉井が落ちた。白木は夫人を追って地下室に潜入、柩の中から補われていた久美を助け出した。背後から学長夫妻が襲いかかって来た。信じられない力で殴りとばされながらも、奮然とたち向かう白木。死闘が続き、白木は学長の胸に手斧を突き刺した。手斧を抜こうともせず、なおも白木に迫る学長だったが、やがて力つきて倒れた。その瞬間、夫人ともども、その肉体が溶けるようにくずれ落ちていった……。

作品データ

製作年
1974年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
83分

[c]キネマ旬報社

動画配信

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?