愛と誠・完結篇|MOVIE WALKER PRESS
MENU

愛と誠・完結篇

1976年9月23日公開,90分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

少年マガジン連載の人気劇画の三度目の映画化で、今回が完結篇。悪の温床花園実業高校を舞台に、一匹狼の誠と、彼に心を寄せる愛のロマンス、ヤングマフィアの団長峻と誠の対決を描く。脚本は前二作の監督をした山根成之と長尾啓司・南部英夫の合作。監督はこの映画がデビュー作になる南部英夫。撮影は「忍術猿飛佐肋」の竹村博がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

東京新宿にある花園実業高校は、全国でもその名を知られた不良学校だった。この悪の温床を牛耳っていた陰の大番長、高原由紀が、一匹狼の太賀誠との戦いに敗れて死を選んでからは、学園にしばし平和が訪れたかのように見えた。(以上第二部)そんなある夜、太賀誠を愛している早乙女愛のところに、怪電話がかかった。電話の声は、「お前と太賀誠は、即刻転校しろ。無駄な血を流したくないなら」と言って切れた。それは、明らかに誠への挑戦状だった。愛から忠告された誠は、強敵の出現に、またしても闘志を燃やすのであった。電話の主は、二人の精神主義を軽蔑しているヤングマフィア“緋桜団”の団長を名のる砂土谷峻だった。翌朝、誠が登校すると、彼の教室は緋桜団に占拠されていた。緊迫した空気が一瞬流れたが、そこへ割って入ったのが、花園実業の理事長座王与平だった。彼は、政財界の黒幕といわれ、時の政権をも動かすことのできる大物だった。しかし、峻は座王の出現にもおじけず、彼の身体をムチで打ち飛ばした。それに座王は耐える。こんな場面を一同は驚きと恐怖で見つめた。座王は、実は峻の父親だったのである。彼が女中に手をつけた時にできた子が、峻であった。峻は幼少の頃、座王の苛酷な仕打ちに合って目を傷つけた。それ以来、家を飛び出して、父を憎んでいたのだ。この出会いは、そんな峻と、負い目を背負った父親との何年ぶりかの邂逅だった。誠の身を案じる愛の不安は、つのる一方だった。数日後、愛の不安が現実となった。緋桜団と誠が朝礼の時に対立したのである。多勢に無勢で危ない誠は、爆弾をふりかざした。誠の捨て身の戦いに、さすがの峻も驚いた。峻は、誠が通うスナックの美しいハーフの娘アリスを監禁した。彼女を助けたければ、爆弾を捨てて勝負しろと、誠に迫るのだった。誠は、人質がアリスと知って安堵した。スナックに誠が通っていたのは、実は、そのスナックの向いのオデン屋で働く、アル中の母を、スナックのドア越しに見るためだったのである。10歳の時に、誠を捨てた母ではあったが、やはり誠には恋しい母だった。少女を人質に、誠と峻は向い合った。ムチを使う峻。それをかわす誠。勝負は、誠が蹴り上げたナイフが、俊の右手の親指を切断して、峻の負けとなった。この一件で、峻はこれまでの横暴な行動が警察にバレて、取り調べを受けることになった。そんな時、早乙女家に思わぬ事件が持ち上った。それは、早乙女家を没落させる大事件でもあった。早乙女財閥のトップの座にある愛の父将吾と、座王が、国有地不正払い下げ事件の渦中の人物となったのである。愛の両親は、こんなことから冷たくなって、母は家を出た。そして、窮地に立たされた座王は、腹を切って自殺するという思わぬ事態を迎えた。座王の死で、将吾は全真相を発表しようと決心した。しかしその時、将吾のところに、「お前の妻の身体は預かっている」という恐迫電話がかかってきた。国会での証人喚問の日。将吾は、全国民の前で何も言えなかった。そんな彼を、皆は批難した。その夜、愛の母親が黒幕の手先きにおくり返された。愛は、母親に痛烈な言葉を浴びせた。「苦境に立ったお父さんを駄目にしたのは、お母さんよ」。彼は、この言葉を聞いて、愛も大人になったことを知った。そして今まで遠ざけてきた愛への思いをつのらせるのだった。誠は、権力の手先である黒幕の正体がわかっていた。数日後、誠は愛の一家を不幸にした宿命のライバル峻との闘いに挑んだ。親に裏切られた不幸な若者同志の闘いだった。

作品データ

製作年
1976年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
90分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?