恐竜・怪鳥の伝説|MOVIE WALKER PRESS
MENU

恐竜・怪鳥の伝説

1977年4月29日公開,92分
  • 上映館を探す

日本に恐竜が存在したのか。この疑問を否定する材料は何もない。毎年八月二日に竜神祭りを行う富士山麓の西湖に恐竜が出現。というもので、ミステリアスに描く。脚本は伊上勝と「ピラニア軍団 ダボシャツの天」の松本功と「広島仁義 人質奪回作戦」の大津一郎の共同、監督は「飛び出す冒険映画 赤影」の倉田準二、撮影は「広島仁義 人質奪回作戦」の赤塚滋がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

一九七七年の夏。神秘のベールに覆われた富士の青木ケ原樹海で若い女性が、発見された。女は、息をひきとる直前に、大きな卵が……と謎の言葉をのこして死んだ。そのニュースを知った芦沢節は、ただちに、富士へ向う。一方、節の恋人、女性カメラマンの亜希子も西湖の湖底を撮るため、助手の園田淳子を連れて富士に来ていた。若い男女が湖面ではしゃいでいると、突然、乗り物がひっくりかえり、湖水に投げだされた男女が、行方不明になってしまった。怪奇な事件が相次ぎおこり、湖畔の足和田村に不気味な恐怖がただよい始めた。八月二日。竜神祭りの日。人気ディスクジョッキーの諸口あきらショーが始まった時、沖合に黒いヒレが横に動き、群衆は口ぐちに恐竜ダーと叫びながら逃げまわる。節がとめるのもきかずに、亜希子と淳子は最後の写真を撮るために、水中に潜った。ボートの上で待つ淳子は、突然、下半身を食いちがられる。西湖はこの事件以来、立入り禁止。節は、西湖と精進湖は地下でつながっているのではないかと考え、亜希子と水中に潜る。一方、対策本部は、湖水に爆弾を投げこむことを決定。次々におきる衝撃音に危機に陥込んだ二人は、偶然にも、二つの湖を通じるトンネルを発見。そこには、太古の生物が生きていた。やっとのことで地上に出た二人に、襲いかかる恐竜。絶対絶命と思われた時、怪鳥が恐竜に襲いいかかり凄烈な死闘をくりひろげる。すると、突然、富士山が大噴火を起し、大地に大きな亀裂が走り恐竜、怪鳥ともども落ち込んでいった。大地は、いつまでもうなりをあげていた。

作品データ

製作年
1977年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
92分

[c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

5.0
  • rikoriko2255

    ペンギンのヨッド

    5.0
    2017/1/6

    今から40年前。楽しい喜劇の「ドカベン」を観終わって、休憩を挟んでこの作品がスタート。だが、そこで繰り広げられたのは、家族向けの映画とは思えない、血みどろの地獄絵図だった!特に凄まじかったのは、超リアルなバラバラ死体・・「これ、子供が観ていいの?」当時小学生だった私は戸惑うばかりだったが、何の指定も無い作品で、大らかな時代だったんですね~。だが、その残酷描写が一層登場する恐竜たちにリアルな迫力を与えて、東宝の特撮物とは一線を画した傑作になってしまった!だが、今だったら確実にR指定。70年代だからこそ生まれた怪作、珍作とも言える。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告