ホテル強制わいせつ事件 犯して!:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
ホテル強制わいせつ事件 犯して!
ホテル強制わいせつ事件 犯して!

ホテル強制わいせつ事件 犯して!

1977年6月4日公開,71分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

SEXを堪能し、生活をエンジョイしている娘とバージンでSEXに嫌悪感さえ抱く娘の二人の女子大生の性の遍歴を描く。脚本は「レイプ25時 暴姦」の桂千穂、監督は「性処女 ひと夏の経験」の蔵原惟二、撮影は「赤い花弁が濡れる」の山崎善弘がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

高塚ルミ子は、法文大学の学生のかたわら、夜はバー・カサンドラの雇われマダムとして自由奔放に生きている。男とも気軽にSEXを堪能している。ただ、妻子ある早坂との関係は性の交わり以上のものがあった。そんなルミ子の友人・印南涼子はルミ子とは全く正反対の性質であった。ある日、涼子は学会で助手の本堂と知り会った。そして、教授に紹介するとだまされ犯されそうになるが、その場はうまく切り抜け立ち去ろうとする涼子に本堂は、「君はあさっての夜ここにかならず来る」と不敵な笑い浮かべながら言う。翌日、涼子はルミ子と早坂の情事の現場を見てしまい、その光景を見ているうちに下半身が熱くなるのを感じた。自分の部屋に帰っても何んとなくおちつかない涼子は、憧れの男性を夢みながらうっとりとしていると、そこへホテル荒しの男が珍入して来て、涼子の乱れた姿を見て興奮。涼子は抵抗もせず自ら脚をひらき、男は絶頂に達しかけていた。するとそこへ、ルミ子が現われ、男はあわてて窓から外へ。本堂がかならず来ると予言した夜、涼子の足は自然とそこへ向い、そこには本堂と三雲教授と学部長の椿が好色そうな眼つきで涼子をながめ、涼子は三人の男達と性宴に狂い官能の虜となっていった。

作品データ

製作年
1977年
製作国
日本
配給
日活
上映時間
71分
製作会社
日活

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?