夜這い海女|MOVIE WALKER PRESS
MENU

夜這い海女

1977年7月23日公開,69分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

漁村で生活する海女たちの夜のSEX絵巻。脚本は「四畳半芸者の枕紙」の佐治乾と「(秘)温泉 岩風呂の情事」の池田正一の共同、監督は「東京秘密ホテル けものの戯れ」の藤浦敦、撮影は「本番 ほんばん」の山崎善弘がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ここはノンビリとたたずむ漁村。礼子はこの村のもので、昼は海女、夜は小料理屋の女中といそがしい毎日をおくっていた。礼子の夫健一は漁に出ていたが今日は漁から帰ってくる日であり、朝からソワソワしている礼子。しかし、漁から帰った健一は、友人の圭介と将棋に無中になって、礼子には目もくれない。礼子はついに健一に圭介を帰すよう懇願した。圭介が帰るとすぐに、彼女はいままでのたまりにたまったストレスを、健一にぶつけるのであった。しかし運悪く、礼子は生理の日であり、礼子の身体を心配した健一は彼女をしかった。しかし、逆に礼子は、満たされないSEXの不満を健一にぶつけ、最後は喧嘩になってしまった。そして家を出た礼子は、友人のマキの家にいき、マキとヤケ酒をあおった。ある日、礼子は一人暮しの雅代の家に、アワビを売りに行った。前々から女の一人暮しなど耐えられないと思っていた彼女は、雅代が信吉と変質的なSEXにふけっている光景を見て、やはり彼女も普通の女であると何となく安心するのであった。数日後、礼子の働く小料理屋に健一が酒をのみにやって来た。しかし、二人は意地を張るように反発するのであった。怒って帰る途中の健一を、礼子の友人・花江が、夜這いかけ健一は花江に荒々しくいどんだ。礼子は、いやらしい目つきの組合長のさそいにのり、なされるがままに抱かれ、SEXにふけるのであった。そしてついには、キャバレーへ売られ、どんな恥態にも耐える礼子。そんなある日、キャバレーに健一がとびこんできて、礼子を連れもどすのであった。そして、今度は健一とくるわんばかりに抱きあうのでした。

作品データ

製作年
1977年
製作国
日本
配給
日活
上映時間
69分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?