冬の華|MOVIE WALKER PRESS
MENU

冬の華

1978年6月17日公開,121分
  • 上映館を探す

動画配信

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

殺した相手の娘を気にかけ、伯父だといつわり文通を続けながら、彼女の成長を見守るうちに再び義理によって人を殺す男の姿を描く。脚本は「君は海を見たか」の倉本聰、監督は「夜の演歌 しのび恋」の降旗康男、撮影は「犬神の悪霊」の仲沢半次郎がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

関東の東竜会幹部、加納秀次は、会長の坂田良吉を裏切り、関西の暴力団に寝返った松岡を殺害した。殺された松岡には三歳になる洋子という一人娘があり、加納は洋子を舎弟の南幸吉に託して、旭川刑務所に服役した。服役中、加納はブラジルにいる伯父といつわり、洋子と文通を続ける。十五年の刑期を終え、出所した加納は、洋子に加納の手紙を運ぶうち彼女の恋人となった竹田の案内で、洋子の姿を見ることができた。ある日、洋子の手紙によく書かれていた喫茶店で、加納は彼女と出会う。加納がブラジルにいる伯父ではないかと思った洋子は、彼にそれを尋ねようとするが、加納はすばやく彼女の前から去り、店を出て行った。組結成の話も断わり、堅気になろうと決心していた加納は、坂田から、息子の道郎の相談相手になってくれと頼まれる。加納と道郎が再会を喜び合ったのも束の間、坂田は関西の暴力団員に殺される。その仇を討つため、関西連合の三枝と東竜会を裏切った山辺を、道郎が狙っていることを耳にした加納は、坂田から道郎を頼まれたこともあって、苦悩する。山辺殺害を決意した加納は、洋子へ電話をかけ、当分日本には帰れないというのだった。翌日、南に道郎が外に出れないように見張らせた加納は、山辺のもとへ向かう。それは、再び会うことができないであろう洋子の幸福を願いつつ、十五年前の状況に戻ってしまう加納の宿命であった。

キャスト

高倉健

高倉健

加納秀次

池上季実子

池上季実子

松岡洋子

田中邦衛

田中邦衛

南幸吉

三浦洋一

三浦洋一

竹田乙彦

藤田進

藤田進

坂田良吉

北大路欣也

北大路欣也

坂田道郎

夏八木勲

夏八木勲

立花道夫

司裕介

司裕介

佐伯三次

大木晤郎

大木晤郎

三井清

奈辺悟

奈辺悟

矢部

小池朝雄

小池朝雄

山辺修

寺田農

寺田農

山本武彦

白井滋郎

白井滋郎

勝又勇

天津敏

天津敏

中井俊助

山本麟一

山本麟一

大谷五郎

峰岸徹

峰岸徹

ミナケン

高並功

高並功

井上杵次

小林亜星

小林亜星

柿沼三郎

今井健二

今井健二

石井富吉

青木卓司

青木卓司

高畑哲次

岩尾正隆

岩尾正隆

向井大介

北浦昭義

北浦昭義

渡辺弘

小林稔侍

小林稔侍

花井喜一郎

富永佳代子

富永佳代子

花井きぬ

池部良

池部良

松岡幸太郎

倍賞美津子

倍賞美津子

メリー

大滝秀治

大滝秀治

一郎

岡本ひろみ

岡本ひろみ

ウェイトレス

小沢昭一

小沢昭一

林彰太郎

林彰太郎

画廊の主人

岡田眞澄

岡田眞澄

三枝信吉

曽根晴美

曽根晴美

望月修二

細川ひろし

細川ひろし

三枝のボディガードA

福本清三

福本清三

三枝のボディガードB

田中浩

田中浩

酒匂

松本泰郎

松本泰郎

酒匂のグループA

下茂山高也

下茂山高也

酒匂のグループB

木谷邦臣

木谷邦臣

ドス健

丘路千

丘路千

進攻勢力の幹部A

白川浩二郎

白川浩二郎

進攻勢力の幹部B

笹木俊志

笹木俊志

進攻勢力の子分A

小峰竜次

小峰竜次

進攻勢力の子分B

小坂和之

小坂和之

自衛官A

鳥巣哲生

鳥巣哲生

自衛官B

秋山勝俊

秋山勝俊

囚人

蓑和田良太

蓑和田良太

刑事課長

池田謙治

池田謙治

刑事

峰蘭太郎

峰蘭太郎

警官

藤沢徹夫

藤沢徹夫

中井組若衆(1)

平河正雄

平河正雄

中井組若衆(2)

西山清孝

西山清孝

中井組若衆(3)

大矢敬典

大矢敬典

山辺組チンピラ

友金敏雄

友金敏雄

東竜会チンピラ

奈三恭子

奈三恭子

バーの女A

浜かよこ

浜かよこ

バーの女B

岡田まさみ

岡田まさみ

バーの女C

岡島艶子

岡島艶子

豪邸の老女中

藤長照夫

藤長照夫

自首した犯人

作品データ

製作年
1978年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
121分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?