沖縄10年戦争|MOVIE WALKER PRESS
MENU

沖縄10年戦争

1978年6月3日公開,102分

動画配信

  • amazon-prime

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

本士復帰を間近に控えた沖縄を舞台に、地元と本土系暴力団の抗争を描く。脚本は「ゴルゴ13 九竜の首」の松本功と「恐竜・怪鳥の伝説」の大津一郎と「らしゃめん」の志村正浩の共同執筆、監督は「仁義と抗争」の松尾昭典、撮影は「ゴルゴ13 九竜の首」の赤塚滋がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

宮国派の幹部、金城友行と、伊波朝市、朝勇兄弟は幼なじみであった。組員二万人を越す関西錦連合の桜木組からの招待状をめぐって琉栄会本部では激しい論争が行われ、宮国が、桜木組系中原組組長と友人関係にある朝市にてはずをとらせ、金城と桃原を伴って大阪へ向うことになった。招待された席で宮国が大恥をかいたことから、宮国派と朝勇たちのこぜりあいが続く。その結果、宮国は射殺され、朝市も銃撃を受けて傷ついた。朝勇は沖縄進出をめざす桜木組の協力申し入れを最初は断ったものの、窃盗まで働く子分たちの困窮さをみかね受けいれを決意する。桜木組の援助により伊波派は勢力を盛り返し、小康状態を保っていた両派の間に再び火がついた。一方、朝勇は、手打ちを強要する桜木組の説得に押し切られる。援助が得られなくなった伊波派と琉栄会の抗争に巻き込まれた警官が殺されるに至り、沖縄警察はついに、射殺命令を下した。大阪の警察病院で桜木組の裏切りを知った朝市は、脱走し、桜木組本部に乗り込むが、敢えなく殺されてしまう。朝市の遺骨と、わずかな金を工面して沖縄にやって来た中原から、本土やくざの卑劣さを知らされた朝勇は、知念からの援護を受けて単身沖縄を脱出するのだった。

キャスト

松方弘樹

松方弘樹

金城友行

千葉真一

千葉真一

伊波朝勇

深江章喜

深江章喜

宮国清武

川合伸旺

川合伸旺

桃原真喜

矢吹二朗

矢吹二朗

石浦昇

曽根晴美

曽根晴美

浜里哲

成瀬正

成瀬正

平良盛義

勝野健三

勝野健三

天久照元

笹木俊志

笹木俊志

西那豪

岩尾正隆

岩尾正隆

渡久地

有川正治

有川正治

苗村

国一太郎

国一太郎

島袋

織田あきら

織田あきら

与儀政典

佐藤允

佐藤允

伊波朝市

林彰太郎

林彰太郎

来間昭次

五十嵐義弘

五十嵐義弘

阿南利一

渡辺篤史

渡辺篤史

川満弘

にしきのあきら

にしきのあきら

知念保

山田隆夫

山田隆夫

喜屋武勝

市川好郎

市川好郎

亀谷吉信

沖田駿一

沖田駿一

下地行男

下茂山高也

下茂山高也

瀬長良安

大矢敬典

大矢敬典

糸数正

藤田まこと

藤田まこと

中原宗久

小池朝雄

小池朝雄

桜木憲三

今井健二

今井健二

東龍也

秋山勝俊

秋山勝俊

小林

汐路章

汐路章

新垣康助

菅貫太郎

菅貫太郎

高木

梅津栄

梅津栄

当間

峰蘭太郎

峰蘭太郎

水納

野川由美子

野川由美子

与儀昌美

栗田ひろみ

栗田ひろみ

大城恵子

沢野火子

沢野火子

伊波国子

瀬賀敏之

瀬賀敏之

伊波秀男

加藤嘉

加藤嘉

伊波朝栄

渡辺やよい

渡辺やよい

知花ミミ

橋爪真知子

橋爪真知子

洋子

西田治子

西田治子

明美

ウィリー・ドーシー

ウィリー・ドーシー

ジミー・ジャクソン

中村錦司

中村錦司

大久保

三戸部スエ

三戸部スエ

喜屋武ハツ

平塚義弘

平塚義弘

喜屋武利夫

小国由紀

小国由紀

利夫の妹

松本正樹

松本正樹

少年時代の金城

蓮浩二

蓮浩二

少年時代の朝勇

風吹錠二

風吹錠二

少年時代の朝市

友金敏雄

友金敏雄

日本兵A

小峰隆司

小峰隆司

日本兵B

森源太郎

森源太郎

本土観光客A

平河正雄

平河正雄

本土観光客B

波多野博

波多野博

新聞記者

藤沢徹夫

藤沢徹夫

警官A

阿波地大輔

阿波地大輔

警官B

宮城幸生

宮城幸生

警官C

平井滋郎

平井滋郎

警官D

蓑和田良太

蓑和田良太

中年の警官

池田謙治

池田謙治

面会室の警官

木谷邦臣

木谷邦臣

辻本

司裕介

司裕介

前川

細川ひろし

細川ひろし

渡久地組員

丸平峰子

丸平峰子

金城の母親

岡島艶子

岡島艶子

祈る老婆

浪花五郎

浪花五郎

念仏の長老

疋田泰盛

疋田泰盛

医師

作品データ

原題
The Okinawa War of Ten Years
製作年
1978年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
102分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?