女教師 秘密|MOVIE WALKER PRESS
MENU
女教師 秘密
女教師 秘密

女教師 秘密

1978年10月21日公開,70分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

既婚の女教師と男子学生の、心の隙間をうずめ合う不倫の恋を描く。脚本は「団地妻 二人だけの夜」の鹿水晶子、監督は「課外授業 熟れはじめ」の白鳥信一、撮影は「ひと夏の関係」の畠中照夫がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

英語教師の山川ひかるに秘かに恋慕の情を抱く高校生の吉村麦平は、何とか関心を引こうと、事あるごとにひかるに反抗した。体育の水泳の時間、鮮やかな水着姿で現われたひかるを、麦平は女子トイレに追い込み、全裸に剥いだ。麦平はひかるの姿態を舐めるように凝視すると、何も言わずに去っていった。ひかるは体育教師の山川と結婚していたが、昔の教え子、琴子と関係しているのを知り、別れる決心をしていた。ある日、麦平はひかるを強引に琴子のマンションに連れて行った。目の前で繰り広げられる琴子と山川の痴態に嫉妬し涙を浮かべるひかるは、麦平を部屋に連れ込み、ベッドに誘った。ひかるは巧みにリードしながら、「私は、Bitch、あばずれ教師」と、若い体をむさぼった。以前から麦平が好きだった解子は、ひかると麦平の関係に気づき、邪魔をしようとしていた。解子は一計を案じ、別居している山川をひかるの家に、二人の密会の時間に呼びだした。何も知らずに来た麦平は、解子と山川の姿に驚いた。麦平は気まずい雰囲気にたまらず、解子を連れ出した。その後、ひかるは麦平の事を忘れようと、麦平を無視し続けた。ある晩、ひかるの寝室にストッキングをかぶった侵入者が入り、彼女を犯し、内股に口紅で「Bitch」と書いて逃げた。彼女は秘密の文字を書いた男が麦平とわかった。ひかるは酒をあおり、名も知らぬ男と連れ込み旅館で快楽をむさぼった。数日後、ひかるは麦平を呼びだし、退職届を手渡した。ひかるは、連れ込み旅館で寝た男と再出発するという一言を残し麦平のもとを去っていった……。

作品データ

製作年
1978年
製作国
日本
配給
にっかつ
上映時間
70分
製作会社
にっかつ

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?