団鬼六 花嫁人形:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
団鬼六 花嫁人形
団鬼六 花嫁人形

団鬼六 花嫁人形

1979年10月6日公開,70分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

SMの世界にのめりこんだ少女と、彼女をそこから助けだそうとする一人の男の姿を描く、谷ナオミ引退後、初のSM作品。団鬼六の原作の映画化で脚本は「女教師 汚れた噂」のいどあきお、監督は「レイプショット 百恵の唇」の藤井克彦、撮影は「スーパーGUNレディ ワニ分署」の水野尾信正がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

江口達夫はあるろう人形館で拷問情景に見入る少女にひかれた。少女は仁科理恵といい、村越という男に騙され、金で売られ妾奉公をさせられていた。彼女の主人、曽根崎浩三はSM嗜好があり、妻の典子とも、そのため冷たい夫婦関係を続けており、浩三のハケ口、理恵の存在も黙認されている。今日も理恵は、花嫁姿で宙吊りにされ、バイブレーターで、鞭で、白い肉体をもて遊ばれていた。ある日、浩三は、理恵を追い続け、窓の下にたたずむ江口を見つけ部屋へ誘った。江口は部屋に入って驚いた。浩三の前に、全裸でひざまづき、緊縛されるのを待つ理恵の姿があった。江口を見て羞恥に身を震わす理恵を、その日の浩三は特に念入りに訓練した。ショックを受けた江口は浩三へ復讐を決意する。江口は典子を浩三の山荘へ連れこみ、全裸で縛りあげ、犯し、あらゆる道具で責めた。そして、典子の体を満足のいくまで愉しむと浩三に電話をして、理恵との交換を持ちかけた。山荘で交換が行なわれたが、理恵の顔には自由になった喜びのかけらもなかった。彼女は身も心もSMの虜となっていた。理恵は、虚ろな表情で花嫁人形を口ずさみ、縛られるのを待つように、両手を背中に廻し、首を垂れ、次の主人をむかえるようにひざまづくのであった。

作品データ

製作年
1979年
製作国
日本
配給
にっかつ
上映時間
70分
製作会社
にっかつ

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?