日本女侠伝 鉄火芸者|MOVIE WALKER PRESS
MENU

日本女侠伝 鉄火芸者

1970年8月1日公開,100分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

辰巳芸者の心意気を描いた女侠伝シリーズ三作目。脚本は「任侠興亡史 組長と代貸」の笠原和夫。撮影は「監獄人別帳」の古谷伸。監督は「博奕打ち 流れ者」の山下耕作がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

子供のころ見ず知らずの通りすがりの男から受けた恩が忘れられず、十年たった今でもその男のために操を立て通している辰巳芸者小しずが、その男小林勇吉にあったのは、年に一度行なわれる羽織会の留めを毎年勤めていた先輩仇吉に代わり、自分が内定したことを、小しずが父親のように慕う米問屋浅井喜一郎に報告しにいった時のことだった。勇吉は浅井のもとで荷揚げの組頭として働いていたが、やくざ、刑務所とすさんだ生活を渡り歩いて来た勇吉には小しずの記憶はなかった。一方、仇吉の旦那で米穀業・安川重平は義心会の総長竹上や政界の黒幕と手を組み悪どい商法で私腹を肥やしていたが、これに反対する浅井は急場の策として朝鮮米を買いつけるが、安川の工策により、政府の命令で朝鮮米は陸揚げ禁止となる。浅井の窮地を見かねた小しずは単身政界の大物牧浦奇堂伯爵の還暦祝の席に出むき、米の一件をこん願する。さしもの奇堂も小しずの一途な態度に感銘し、解決に乗りだしたため待望の朝鮮米が陸揚げされ浅井の窮地は救われたが、発売を明日に控えた夜、突如、義心会の放った火により米蔵は炎上してしまう。駆けつけた浅井は義心会の手によって闇討ちされ、必死に消火につとめた勇吉らの努力も空しく全焼してしまう。羽織会の当日一心に“保名”を舞う小しずを見まもる勇吉に浅井の死が知らされた。怒りに燃えた勇吉は単身、安川めがけて殴りこんでいった。

作品データ

製作年
1970年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
100分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?