めまい(1971)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

めまい(1971)

1971年3月20日公開,87分
  • 上映館を探す

「経験」「私生活」で人気の高い辺見マリの同名曲の映画化。脚本は「花の不死鳥」の石森史郎。監督は「内海の輪」の斎藤耕一。撮影も同作の竹村博がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

成熟した魅惑的な肢体とセクシーなポーズで、いま人気絶頂の中沢真里は高校生時代からプレイボーイたちのアイドルだった。その頃の、取り巻きだった同級生の下条吾郎は家業の自動車工場、秋律徹は歯科医院を継いでいるが、三年たった今も虎視たんたん真里の帰郷を待ち受けていた。ただひとり神父になった加納圭介だけは、教会でオルガンを弾いている真里の友だち松宮尚美に夢中になっていた。ところが尚美は秋津に気があり、クラブ“赤い城”のやとわれマダムをしている尚美の姉和恵は下条に想いを寄せているが、男二人は真里の歌を聞いただけで、目の色をかえる熱狂ぶりだった。和恵は、やもめになった途端、小料理屋の女将をしている佐和子の許に転がり込んでしまった板前の父時造に代って、尚美を高校を出したばかりか、孤児だった真里を引き取って育てたほどの気丈者である。尚美の誕生日、待ちに待った真里が帰ってきた。真里の帰郷は東京から一時間ばかりのこの都市の大きな話題で、町の興行会社社長港から、和恵のところに出演依頼があったりした。翌日、真里を強引に外に連れ出した下条は、プロポーズしたが受け入れられなかった。このことを知った時造は「娘たちの気持も汲んでやれ」と下条と秋津に強く訴えた。逆上した下条は車で暴走したあげく、事故を起こして瀕死の重傷を負った。和恵の献身的な輸血のおかげで意識を取り戻した下条は初めて和恵に感謝し、その愛を受け入れた。ほっとした秋津も尚美に愛を誓った。数カ月後、時造と佐和子の結婚式が行なわれ、元気になった下条、和恵、尚美、秋津も参加した。

作品データ

製作年
1971年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
87分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?