喜劇 昨日の敵は今日も敵:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
喜劇 昨日の敵は今日も敵
喜劇 昨日の敵は今日も敵

喜劇 昨日の敵は今日も敵

1971年4月29日公開,85分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「喜劇 右むけェ左!」に続く松竹の前田陽一の他社演出作品。脚本は「喧嘩屋一代 どでかい奴」の石松愛弘と前田陽一。撮影も「喜劇 右むけェ左!」の梁井潤がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

城南大学の応援団と音楽部は犬猿の仲である。ある日鍋山団長に引率された丸田、ひげ、ニキビらの応援団は、資金調達のため、箱根のホテルにボーイのアルバイトにでかけていった。そんなことは露知らぬ音楽部一同も、リーダーのヤスオを先頭に箱根へ演奏旅行とシャレこみ、両者はホテルでバッタリ鉢合わせ。この連中が、日頃の喧嘩も忘れてモーレツにアタックしたのが、美女さゆりを始めとする十数名の西北大学の空手部女性群。そんな騒動の中で、佐藤、五十嵐、池田のトリオがチャーミングなひろみを連れてホテルの迎賓館へやってきた。五十嵐が主催したドンチャン騒ぎの宴会の席上、公害問題を鋭く追求し、美しい自然を返せと大演説をブチ上げた。都市造りの広大なビジョンを打ちだす五十嵐が、城南大学の先輩と知った逆田と鍋山は大感激。一方、美しいひとみに、すっかりまいった逆田は猛ハッスル。新しい国家造りをさけぶ五十嵐は、ホテルを本拠にして、日本の独立を宣言した。浪花節的な鍋山は、五十嵐の理想実現に共鳴し、日の丸鉢巻で竹槍訓練。五十嵐一党は、ホテルの主要部分にリモコン爆発装置を仕掛け、遂に実力行使にでた。このホテル・ジャックに長田巡査、藤山支配人らもビックリ仰天。そんな一同を尻目に、凶悪な一党の前に、笑顔で立ったのは可れんな京子だった。彼女の活躍により、ホテル・ジャックトリオは、精神病院に入れられ、事件は無事落着した。

作品データ

製作年
1971年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
85分
製作会社
東京映画

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?