かもめの城:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
かもめの城
かもめの城
-

かもめの城

1966年3月1日公開、104分
  • 上映館を探す
  • みたい
    -
  • みた
    -
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

フィリス・ヘイスティングスの小説『カカシの歓び』を「渚のたたかい」のスタンリー・マンが脚色、「バタシの鬼軍曹」のジョン・ギラーミンが監督した思春期の少女の心理もの。撮影は「悪徳の栄え」のマルセル・グリニョン、音楽は「軽蔑」のジョルジュ・ドルリューが担当した。出演は「ハッド」のメルヴィン・ダグラス、「シベールの日曜日」のパトリシア・ゴッジ、「息子と恋人」のディーン・ストックウェル、「沈黙(1962)」のグンネル・リンドブロムほか。製作はクリスチャン・フェリー。

ストーリー

フランス・ブルタニーの村外れ。元判事ラーボー(メルヴィン・ダグラス)は長女ジュヌビエーブ、次女アグネス(パトリシア・ゴッジ)と3人で暮らしていた。女中のカレン(グンネル・リンドブロム)の元には夜毎男が通って来る。アグネスはそれを知っている。彼女は鳥を追い払うためかかしを作り、父親の古着を着せて深い愛情を示しはじめた。ある日、ラーボー家の人々は護送者から脱走するジョセフ(ディーン・ストックウェル)という男を目撃した。彼はかかしの服と着替えており、一家の者は彼を匿まってやることにした。そしてアグネスとジョセフはある夜ともに語り明かした。彼女は父が元判事で、妻が死ぬと、すぐ隠遁生活をはじめたことなどを語った。翌朝警官がジョセフを探しに来たのでアグネスは彼を畑の小屋に隠した。後刻、アグネスは小屋の中でカレンとジョセフが抱きあっているのを見つけてしまった。カレンは家を出て行った。その夜、アグネスとジョセフは肉体関係を結んだ。2人は家出し、ある工業都市へ行く。そして間借り生活をはじめたが、アグネスはジョセフが渡された金をなくしたことから家へ帰ってしまった。そこには警官が待っていた。ジョセフが負傷させた警官が死に、傷害致死罪に問われていたのだ。ジョセフが彼女の後を追って戻って来た。父親の警告を聞いて逃げたが、追いつめられて崖から飛び降りて死んだ。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
Rapture
製作年
1965年
製作国
アメリカ
配給
20世紀フォックス
初公開日
1966年3月1日
上映時間
104分
製作会社
20世紀フォックス映画


[c]キネマ旬報社