私は嘘は申しません|MOVIE WALKER PRESS
MENU

私は嘘は申しません

1961年4月5日公開,81分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

大貫正義の原作を、「「粘土のお面」より かあちゃん」の館岡謙之助と、朝日奈喬が脚色し、「誰よりも金を愛す」の斎藤寅次郎が監督した喜劇。「桃色の超特急」の須藤登が撮影した。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

“所得倍増、一千億減税”、池田総理は言う“私は嘘は申しません”処世術にたけた生田隼人は、大学生を装い学校にもぐりこみ、欠席者のために講義録や試験問題の解答、卒論の代作で無線電話ピジョン研究費の金をかせいだ。ある日、実験が成功したので、近所に住む芋川氏のところに持っていった。が、突然ピジョンが爆発、芋川氏を怒らせた。下宿の親爺伝助が土地ブローカー鶴岡に、借金のことで無理難題をふっかけられた。隼人は研究費の一部を貸してやろうとしたが、金は助手の美子が持ち逃げしてしまった。隼人は先輩でサギ師の近藤と金集めに懸命になった。芥川賞作家深川八郎の贋物になったり、外国人に大仏様を売りつけたり……しかし、いずれも失敗、二人はペテン師廃業を考えた。頭をひねったあげく、交通地獄緩和用の町駕篭、ボロ化粧品会社の建て直し、野良犬のドッグレース、ようやく運が二人にむいてきた。そこに、大仏事件の外国人が現われた。二人をペテンにかけたところで警察にあげられた。これが縁で、隼人の研究が認められ外国の宇宙学研究所に招かれた。隼人は盛大な見送りを受け、ピジョンを活用しロケットに乗って任地に出発した。が、上昇中の状況を知らせるロケットからの映像には、いつまでたっても隼人の姿が映らなかった。それもそのはず、隼人は一人取り残されて、地上で機械をいじっていた。

作品データ

製作年
1961年
製作国
日本
配給
新東宝
上映時間
81分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?