香港の夜|MOVIE WALKER PRESS
MENU

香港の夜

1961年7月1日公開,118分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

香港のキャセイ・オーガニゼーションと提携になるメロドラマで、「妻として女として」の共同執筆者・井手俊郎の脚本を、「銀座の恋人たち」の千葉泰樹が監督した。撮影は「福の神サザエさん一家」の西垣六郎。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

海外特派記者の田中弘は、香港の九竜飛行場へ四十八時間の滞在ビザをもって降り立った。迎えにきていた同僚石河の案内で訪れたダンスホールで、日本語を話す中国の女謝玉蘭を知った。だが、弘は旅の疲れから倒れ、玉蘭の室のベッドへ臥した。玉蘭と同じアパートに庄む呉麗紅が看病してくれた。彼女の母は日本人で、戦争中日本へ逃れたまま行方が知れなかった。翌夜、二人は小舟で月の光のさす海をどこまでもさまよった。羽田に着いた弘を、スポーツカーに乗った幼なじみの恵子が迎えた。弘は、父母の墓まいりと兄の吾郎にあうため、雲仙におもむいた。恵子も妹の明子を伴って追ってきた。石河が怪我をしたという電報が入り、弘は再び香港へ飛んだ。石河は麗紅の勤める王阿成の店の車に衝突したのだった。石河を見舞った弘を、阿成は食事に招待した。阿成一家が麗家を王家の嫁として迎えたい意向をもらした。麗紅は困惑した。数日後、麗紅は失踪した。玉蘭が、弘に彼女の居所を教えた。マカオにある麗紅の伯父張千里の許を訪れ、弘は麗紅に求婚した。しかし、麗紅は国籍のちがう二人の愛情を信じることができなかった。やがて、石河の怪我も治り、弘も東京へ戻ることになった。張は弘に麗紅の母好子の捜索を依頼した。苦心の末、弘は好子をさがし出した。麗紅が羽田に着き、好子の胸に抱かれた。しかし、麗紅は好奇の目で見られるのに耐えるなくなり、香港へ戻った。一方、弘はラオスへ派遣を命ぜられた。恵子は弘の麗紅への愛が深いのを知ると、フランスへ発つ決心をした。香港で、弘は再び麗紅に求婚した。二人は心からおたがいの幸福を信じあった。だが、ラオス戦線は、再び弘を麗紅の許に戻らせなかった。駈けつけた恵子とともに、麗紅は思い出の丘の上に立ちつくした。

作品データ

原題
A Night in Hongkong
製作年
1961年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
118分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?