アワモリ君売出す|MOVIE WALKER PRESS
MENU

アワモリ君売出す

1961年7月30日公開,72分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

秋好馨の漫画「アワモリ君」から、新井一が脚本を書き、「青い夜霧の挑戦状」古沢憲吾が監督した喜劇。撮影は「金づくり無法時代」の逢沢譲。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

大学受験に失敗し、予備校に通っているアワモリ洋品店の息子アワモリ九と、商事会社の給仕カバ山大学は大の仲良しだ。ある日、二人は小犬を拾った。男やもめのアワモリの親爺は飼うのを禁じた。大学の父母は万才師万三、よろめきといい、小犬をスキ焼にしようといった。飼主のいない小犬を、通りすがりの加代子が持っていった。アワモリは彼女を元殿様高山家の令嬢だと思いこんだ。アワモリは彼女に一目ぼれした。大学は彼女の職場パチンコ屋を探しあてた。二人は店に通った。ある晩、加代子は帰り道暴漢に襲われた。二人は警官に化けて、暴漢を追っぱらった。加代子は二人の行動に感激した。が、いまさら高山邸の門衛の娘ともいえなかった。一方アワモリは見栄をはって、早慶大学のインド哲学専攻」といってしまった。ある日、アワモリは加代子とデイトした。遊園地で彼は高校時代の恩師ダルマ先生と会った。盆踊りが近づいた。大学は各商店でもらった手拭で浴衣を作った。弟のヒロシを背負って銀行の前を通った。そこへ銀行強盗が飛び出して来て大学にぶつかった。驚いた強盗は大学のオシメが入っている鞄と間違えて持ち逃げした。大学はよろめきと鞄をあけ、大金が入っているので驚いた。が、これは万三が競輪でもうけたものだと思い、万三の弁明を聞こうとしなかった。よろめきは女中を雇い、豪勢な暮しを始めた。その頃、ギャングたちは鞄の中の質札をたよりに、大学を探していた。盆踊りの日、舞台でアワモリ、加代子、大学がドドンパを歌った。ギャングは万三を襲い金を奪いかえした。アワモリと大学はオートバイで追跡した。あわてたギャングは映画会社のオープン・セットに逃げこんだ。が、勝手がわからず逮補された。翌日、アワモリたちに警視総監賞がおくられた。新聞にみんなの晴れ姿が報じられた。

作品データ

製作年
1961年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
72分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?