俺は地獄へ行く:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
俺は地獄へ行く
俺は地獄へ行く
-

俺は地獄へ行く

1961年10月1日公開、87分、アクション
0
-
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

読切倶楽部連載の城戸礼原作「俺は地獄へ行く」を、「三つの竜の刺青」の星川清司が脚色。「赤い荒野」の野口博志が監督したアクションもの。撮影も同じく「赤い荒野」の永塚一栄。

ストーリー

羽田空港。ソンブレロを背に陽やけした男--メキシコ帰りの譲次が旅客機から下りた。出迎えのユリが都心のホテルへ案内した。譲次とはメキシコで知り合った仲のユリは、一カ月前からメキシコ人の弁護士ゴンザレスと日本に滞在していた。二人は遺産相続人を探しにやってきたのである。メキシコで成功した邦人島田の遺産は、邦貨に換算すると約三十億円だが、連日の新聞広告にも拘らず、受取人広津あきの行くえは判らない。島田にとって彼女は昔別れた恋人なのだ。それをかぎつけた暗黒街の顔役鄭東来は、譲次の旧友で今は自分の片腕となっているデラーの鉄に一芝居打たせ、譲次を口説きおとした。譲次は仕方なく一千万円で手を打った。もちろん、あきを探し出したらそのまま引き渡すという条件である。数日後、濃艶な島田安江が羽田空港に着いた。彼女は島田の実妹でありながらビタ一文貰えないため、東京の鄭と結託して遺産横領をたくらんでいる。ゴンザレスはホテルで安江に会うと、不品行を責め、日本人の面よごしだと罵った。一方、ある店で鄭の子分鬼頭に喧嘩を売られた譲次は、島田から預っていた守袋を落としたが、それを拾った掃除婦こそ広津あきと判った。「遺産は妹さんにあげて下さい。私は思い出だけで結構です」と彼女はいった。清貧でつつましやかなあきの言葉にさすがの譲次もしんみりとした。譲次はあきをその店におくことに危険を感じ、帰国の途中知り合った踊り子ジーナのアパートにかくまって貰うことにきめた。偶然にも鉄が首ったけの女だったので、鉄は譲次に協力を申し出た。あきの居所をかぎつけた鬼頭は、彼女とユリを地方の山荘へ連れこんだ。意外にも、そこには鄭と安江のほかにゴンザレスもいた。彼らは共謀者なのだ。鉄と譲次の自動車は山荘に向って突走る。そこへ鬼頭から電話がかかってきた。譲次と鉄がそちらに向ったというのである。鄭とゴンザレスはセスナを飛ばし、続けざまにダイナマイトを投下した。だが譲次の必殺の一弾はセスナのガソリンタンクを貫いた。譲次と鉄の銃口は、草原に下りて逃げる二人の黄金の亡者を追いつめて行った……。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

製作年
1961年
製作国
日本
配給
日活
初公開日
1961年10月1日
上映時間
87分
製作会社
日活
ジャンル
アクション


[c]キネマ旬報社