街に気球があがる時:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
街に気球があがる時
街に気球があがる時

街に気球があがる時

1961年11月12日公開,69分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

有吉佐和子原作『青空の歌』より「ママ恋人がほしいの」の岡田達門が脚色。「セールスマン物語 男にゃ男の夢がある」の井田探が監督した青春ドラマ。撮影も同じコンビの山崎安一郎。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

城北大生川本保夫は、青空広告会社というチッポケな会社にアルバイトの口をみつけた。そこには、やはりアルバイト学生の栗山と、この会社ではただ一人の女性丸根敦子がいた。アドバルーンをあげて見張るのが仕事なので、雨の日は仕方なく学校へ行く。ノートのブランクを気にしてい川本に、ノートを貸してくれたりいろいろ親切にふるまうのは、大学の女王で財閥の娘泉万里子である。これは男子学生の間では一大事件だ。しかし、川本は人員整理で会社をクビになり、教室でしょんぼりしていると、あの丸根敦子が現れたのでビックリした。彼女も城北大生だったのだ。敦子は彼を励まし、得意の弁舌をふるって川本を広告会社に復社させてくれた。華やかで美しい泉万里子、気性のはげしいアルバイト学生丸根敦子--二人の好意に迷う川本だが、結局敦子に自分の問題を見出すのだった。ある日、川本と敦子がちょっとアドバルーンのそばを離れている間に、気球が爆発、子供が大ケガをした。敦子は直ちに輸血を申し出た。二人の真剣な看護で、子供は恢復した。元気な子供と童謡をうたっている敦子をみて、川本は幸福だった。そして、「こんどは私たちの歌をうたいましょう」という敦子と声を合わせて、川本はうたうのだった。「若者よ、体をきたえておけ……」と……。

作品データ

製作年
1961年
製作国
日本
配給
日活
上映時間
69分
製作会社
日活

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?