カンサス・シティの爆弾娘:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
MENU
カンサス・シティの爆弾娘
カンサス・シティの爆弾娘

カンサス・シティの爆弾娘

1972年12月9日公開、0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

アメリカで最も人気のあるスポーツの1つであるローラ・ゲームに、生活を賭ける「カンサスシティ・ボンバー」(原題)と呼ばれる美貌の美人スケーターの生き方を描く。製作指揮はジュールス・レビーとアーサー・ガードナー、製作はマーティン・エルファンド、監督はジェロルド・フリードマン、バリー・サンドラーの原作をトーマス・リックマンとカルヴィン・クレメンツが脚色した。撮影はフレッド・コーネカンプ、音楽はドン・エリス、編集はデビッド・パーラツキー、衣裳デザインはロナルド・タルスキーが各々担当。出演はラクェル・ウェルチ、ケヴィン・マッカシー、ヘレナ・カルアニオス、ノーマン・アルデン、ジーン・クーパー、メーリー・ケンパス、マーティン・バートレット、コーネリア・シャープ、ウィリアム・グレイ・エスパイなど。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

カンサス・シティ・ローラーゲーム競技場では、今晩も地元カンサスシティ・ランブラースとタルサ・トーピドーズとの試合が、いっぱいの観衆を熱狂させていた。わけてもランブラーズの女性チームを担うK・C・カー(ラクウェル・ウェルチ)とビッグ・バーサが関心の的だった。2人は同じチームのスター・プレーヤーでありながら、日頃から犬猿の仲で、ことに最近K・C・カーのトレードの噂が流れて2人の仲が過熱化し、この夜ついにクライマックスに達してしまった。2人は満場興奮の中で華々しくやり合い、マッチ・レースで雌雄を決することになった。敗者はチームを去り、2度とその町には戻れない。白熱のマッチ・レースに敗れたのはK・C・カーだった。彼女はカンサス・シティを去り、久しぶりに郷里の母の許へ帰った。そこには、彼女の幼い2人の子供が待っていた。K・Cのカンサス・シティ行を待っていたとばかり、彼女を拾い上げたのはポーランド・ロジャースのオーナーで野心家のバート・ヘンリー(ケヴィン・マッカシー)だった。バートは早速、K・Cを新加入としてロジャーズのメンバーに紹介した。バートは、ロジャーズと同じくポートランド競技場をフランチャイズとするレニゲーズが彼女の優先権を持っていたので、しばらく同チームでプレーさせることにした。ロジャーズの選手たちは快く彼女を迎え入れたが、なかでも若手のロビー(M・K・パス)は、住居を捜す間もなかった彼女にボートハウスを提供してくれた。だが、6年間スターの座を占めているキャプテンのジャッキー・バーデット(H・カリアニオテス)だけは彼女を敵視し、2人のツバぜり合いは激化する一方だった。ロジャーズの巨漢ハンク・ホプキンズ(N・オールデン)やジャッキーたちと猛然と渡り合い、観衆を熱狂させた。オーナーのバートはシカゴ最高のチームを作ろうという野心的な計画を実行するためにK・Cに近づき、これによって彼女を見るチームメートの眼が次第に冷たくなっていった。ある夜、バートは、いよいよシカゴで旗上げのときがきた、とK・Cに語った。シカゴでは子供たちと一緒に暮らせることがK・Cには何よりも嬉しかった。バートは、K・Cとジャッキーとのマッチ・レースでポートランドを終わりにするつもりだった。最後はK・Cが敗れる。そしてシカゴへ彼女をさらっていく。これが抜け目ないバートのお膳立てだった。殴る、蹴る、何でもオーケーの5周レースは、まさにトラック上の死闘だった。2人は、積もる敵意をむきだしにして力の限り戦った末バートの意図に反し、K・Cがわずかに勝を制した。決勝テープを両手で高高とかざし、歓呼に応えてトラックを回る彼女の顔には、全力を尽くして勝ったプレーヤーの会心の笑みが浮かんでいた。

作品データ

原題
Kansas City Bomber
製作年
1972年
製作国
アメリカ
配給
メトロ
上映時間
0分
製作会社
イーブイ・ガードナー・レーブン=ラクェル・ウェルチ=アーチスト・エンターテーメント・コンプレックス作品

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?