侍富士を走る|MOVIE WALKER PRESS
MENU
侍富士を走る
侍富士を走る

侍富士を走る

1963年公開,0分
  • 上映館を探す

動画配信

  • unext
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

前作「素っ飛び二人三脚」のスタッフと同じ。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

造酒問屋美濃屋の居候、葛城瓢介と伊予松平藩の若君千四郎は無二の親友である。瓢介は美濃屋の娘お玉と、千四郎は金森藩の息女お奈奈姫と恋仲である。瓢介の足の早さに目をつけたお玉は、店を飛脚屋に変え、千四郎は千四郎でお玉から買いとった造酒の道具で酒造りを内職にした。その頃、上山藩主青山大和守は老中柳沢出羽守と組んで、金森藩とお奈奈姫を狙っていた。お奈奈姫と千四郎君は恋仲である。いよいよ二人の婚礼の日、将軍家から名瓢箪奈奈を下賜され、意気揚々と千四郎の駕籠が下城して来た時、柳沢家お抱えの殺し屋、黒岩陣馬の放った短銃に、千四郎は肩を射抜かれた。思わぬ不祥事に婚礼は延期された。一方、美濃屋飛脚は大繁昌。千四郎君アルバイトの酒造りも大繁昌だ。この飛脚に眼をつけた大和守は、全国飛脚選手権大会を企画した。それは当然参加するであろう松平藩、金森藩の選手を陰謀で脱落させ、両藩の壊滅を計ったのだ。松平藩は千四郎が出場、金森藩はお奈奈姫の希望で、瓢介が出場することになった。上山藩は兼人である。いよいよその当日。スタートラインに選手が集った。だが、城中では酔狂な綱吉将軍がお奈奈姫を呼びよせ、大和守献上の名犬高丸と結婚しろというのだ。あわてた千四郎は高丸を斬り殺してしまった。出羽守と大和守は千四郎、瓢介の斬殺を命じた。急ぎスタートラインに戻った千四郎を交えて、飛脚選手権大会は始まった。養老の滝をくんで帰ってくるのだ。兼人は走りながら千四郎の瓢箪奈奈を狙った。又、大和守の刺客団、文十郎一味も二人の後を追っていた。折返し地点、養老の滝を廻った時、文十郎一味が襲って来た。大戦闘が展開している最中、将軍急死の報せが入った。そこで事件は自然消滅の形となった。今日は金森家のお国入り、お奈奈姫の駕籠を守るように千四郎がついて歩く。それを見送る今は町人姿の瓢介とお玉。その表情は澄み切った青空の如く明るい。

作品データ

製作年
1963年
製作国
日本
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?