サラリーマン権三と助十 恋愛交叉点:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
サラリーマン権三と助十 恋愛交叉点
サラリーマン権三と助十 恋愛交叉点
-

サラリーマン権三と助十 恋愛交叉点

1962年11月17日公開、コメディ
  • 上映館を探す
  • みたい
    -
  • みた
    -
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「寒流」の若尾徳平のオリジナル・シナリオを「サラリーマン 権三と助十」の青柳信雄が監督したサラリーマン喜劇。撮影もコンビの鈴木斌。

ストーリー

権三と助十は、恵豊タクシーの運転手。権三は不精者だが働きもの。助十は口八丁の洒落男。恋も仕事もフェアプレーだ。恋人の百合子にも三ケ月間の水揚げ競争で勝った方がプロポーズしよう、と誓いあった。百合子の誕生日が来た。二人はプレゼントで競い合ったが、はりきってデパートへ行った助十は、財布を掏られてがっかり。そんな助十をみて、権三は自分のプレゼントを二人の連名で百合子に贈った。助十は権三の友情に感謝感激。助十の財布はすぐ戻ったが、中身はからっぽ。助十は届け主のデザイナー令子を疑ったが、令子が原田専務の妹であることを知って大慌てで逃げ出した。資本主のXX鉄道の原田専務は、会社乗っとりを企んで、一番成績の悪い、権三助十のいる城西営業所に眼をつけた。彼は、移動無線車を試用させ、六カ月間で黒字にするようにと無理難題を押しつけた。権三、助十ら優秀な運転手ははりきったが、不馴れな無線車に失敗ばかり。城西営業所はピンチに追いこまれた。権三、助十の提案で、お客の勧誘に努めることになった。おかげで成績はうなぎのぼり。令子も今では会社を思う仕事熱心な助十をみなおし、お客勧誘につとめる助十を手伝うのだった。助十もそんな令子のやさしさに目をみはった。みなの努力で、城西営業所は約束の期間内に黒字になり、すべて事なく終った。権三、助十の水揚げ競争は、僅少の差で権三の勝。約束通り、権三は百合子にプロポーズした。そして権三を祝福する助十のバックミラーには、令子の笑顔が映っていた。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

製作年
1962年
製作国
日本
初公開日
1962年11月17日
製作会社
東宝
ジャンル
コメディ


[c]キネマ旬報社