さすらい(1962)|MOVIE WALKER PRESS
MENU
さすらい(1962)
さすらい(1962)

さすらい(1962)

1962年2月3日公開,90分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「野獣の門」の小川英が脚本を執筆、「大平原の男」の野口博志が監督した歌謡メロドラマ。撮影は「機動捜査班 暴力」の松橋梅夫。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

薄暮の東京港。精悍そうなマドロスがポケット・モンキーを肩に、ボロ貨物船から下りた。彼--佐竹正二は三年前まで江崎サーカスの空中ブランコ乗りだったが、コンビの塚田が曲芸中に墜落死をとげたのを自分の責任としてサーカス稼業をやめ、貨物船で働いているのであった。上陸第一夜、彼はキャバレー・パロマの笠松社長に用心棒になってくれと口説かれた。笠原と貸金の取り立てに黒木サーカスへ出かけた正二が、監視役を買って出て黒木サーカスに寝泊りする気になったのは、亡き塚田の恋人美也子がそこで働いていたからである。そんなとき、空中ブランコの花形で美也子に恋する津川浩が大ケガをした。正二の得意の早射ちも、呼びものを失ったサーカスの人気を挽回することはできなかった。石堂というブランコ乗りが雇われた日、小屋の裏手からあがった怪火は黒木サーカスに大打撃を与えた。正二は見えない敵に戦意を燃やした。やがて、それは乗ッ取りをたくらむ笠松の仕業と知った正二は、彼と手を切って黒木サーカス再建につとめた。恩人江崎団長からテントを借りた正二は、美也子や浩を相手に空中ブランコに妙技を見せて、大喝采を浴びた。自分に敵意を抱く石堂との技くらべにも、正二は凱歌をあげた。かくて、黒木サーカスは、昔日の人気をとり戻すことができた。海外公演のプロモーターであるウィリアムの注文で、ヘリコプターに取りつけたブランコ曲技のテスト当日、笠松は美也子と浩の搭乗機に時限爆弾を仕掛けたが、正二の決死的活躍で爆弾は海上に投下され、初のヘリコプターブランコは成功をおさめた。黒木サーカスが鹿島だちの日、前非を悔いた石堂が正二に、笠松の秘密を告げた。塚田の死は笠松が江崎サーカス乗っ取りのために仕組んだ大芝居で、その手先が石堂だったという。正二の疑いは晴れた。黒木一座を乗せた汽船が岸壁を離れた。正二は美也子と浩の倖せを祈りながら、ポケット・モンキーを肩に夕闇の港町を去って行った。

作品データ

原題
Love in the Air
製作年
1962年
製作国
日本
配給
日活
上映時間
90分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?