斬る(1962)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

斬る(1962)

1962年7月1日公開,71分
  • 上映館を探す

柴田錬三郎の原作から「裁かれる越前守」の新藤兼人が脚色、「座頭市物語」の三隅研次が監督した剣客もの。撮影は「三代の盃」の本多省三。出演は「「破戒(1962)」」「中山七里」の市川雷蔵、「破戒(1962)」の藤村志保、他。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

高倉信吾は小諸藩士である養父の高倉信右衛門の許しを得て、三年間の武道修行に出た。やがて三年の歳月が流れた。信吾の帰りを最も喜んだのは義妹の芳尾だった。信吾は藩主牧野遠江守の求めにより、水戸の剣客庄司嘉兵衛と立会った。信吾は“三絃の構え”という異様な構えで嘉兵衛を破った。数日して、下城中の信吾は、信右衛門と芳尾が隣家の池辺親子に斬殺されたという知らせをうけた。池辺義一郎は、伜義十郎の嫁に芳尾を望んだが、断わられこれを根にもってのことであった。信吾は池辺親子を国境に追いつめて討った。その時、信吾は自分の出生の秘密を知った。信吾の実母は山口藤子という飯田藩江戸屋敷の侍女で、城代家老安富主計の命をうけて殿の愛妾を刺したが、処刑送りの駕籠から彼女を救った長岡藩の多田草司と、一年を送ったのち生れたのが信吾だった。それから藤子は捕えられたが、彼女を斬る役が多田草司だった。信吾は遠江守から暇をもらって旅に出た。その旅籠で、信吾は、二十人もの武士に追われている田所主水という侍から、姉の佐代を預ってくれと頼まれた。しかし、佐代は主水が危くなった時、自分を犠牲にして主水を逃がした。彼女の崇高な姿にうたれた信吾は、彼女を手厚く葬った。江戸に出た信吾は、千葉道場主栄次郎と剣を交えたが、その技の非凡さを知った栄次郎は、幕府大目付松平大炊頭に彼を推挙した。大炊頭に仕えて三年、信吾はその大炊頭の中に、養父信右衛門の慈愛に満ちた面影をみるようになっていた。文久元年、世は尊王攘夷の嵐に狂っていた。中でも水戸はその急先鋒であった。大炊頭は水戸藩取締りのため信吾を伴って水戸へ赴いた。水戸へ着いた時、大炊頭を襲う刺客の中に庄司嘉兵衛があったが、その嘉兵衛も信吾に倒された。あすは江戸へという水戸最後の日、城内に入った大炊頭と信吾は、先祖の命日焼香のためというので両刀を取上げられ、仏間と控えの間に通された。仏間には刺客が待っていて大炊頭はあっという間に騙し討ちにあった。危機を直感した信吾は、床の間の梅一枝を持って刺客を倒し、仏間にかけつけたが、大炊頭はすでに絶命していた。今はこれまでと信吾は、静かに切腹の用意をするのだった。

作品データ

原題
Destiny's Son
製作年
1962年
製作国
日本
配給
大映
上映時間
71分

[c]キネマ旬報社

動画配信

映画レビュー

3.0
  • rikoriko2255

    ソウルブラザーNO1

    3.0
    2ヶ月前

    雷様素晴らしい............................................

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • rikoriko2255

    やまひで

    3.0
    2012/2/9

     監督は、1960年代の時代劇の職人三隅研次、脚色は、新藤兼人、原作は柴田錬三郎、そして、主演は雷蔵とくれば、映画がよくならないはずがない。本作は、1962年の制作で、三隅・雷蔵コンビの所謂「剣三部作」の第一作を飾る作品である。残る二作は、三島由紀夫原作の『剣』(1964年作)と柴錬原作の、やや奇譚的要素が強すぎる『剣鬼』(1965年作)とである。1962年と言えば、1963年から始まる、雷蔵の代表作となる、柴錬原作の『眠狂四郎』シリーズの第一作が作られる前年であり、雷蔵は、その死する69年までにこのシリーズで12本を撮っている。何故、この点を詳しく語るかというと、本作における主人公小諸藩士高倉信吾の人物像に、後の「狂四郎」で作り上げた性格の原型を見るからである。 1962年には更にシリーズ『忍びの者』が始まり、他にはヤクザ物、『剣』などの現代物も雷蔵はこなしているが、やはり彼の強みは、侍の役どころである。その台詞回しの大時代振りでは、中々現代物には合わない。また、ヤクザや忍者では、そのもって生まれた、立ち居振る舞いのある種の気品さが邪魔になる。確かに、役柄を固定化するのは、役者生命に関わることではあるが、「雷蔵」と言えば、武士か公家の役柄が役作りをするまでもなくぴったりはまっていると言うべきであろう。そこから、暗い生い立ちからくる性格の陰影をどこまで出すか、或いは、人生に対してどれだけ、敢えて「ニヒル」とは言わない、超然とした態度を取れるか、或いは、人生を達観・諦観し、どこまでアンニュイの境地まで辿り着けるかが、蓋し、問われ得たと思う。その意味で、諸国を巡って邪剣の構えを体得し、仇討ちをして、浪人となり、最期は、その仕えていた主人を護り切れずに自害して果てた本作主人公信吾の人物像は、雷蔵最適の役どころであったと言わねばならないだろう。 最後に一言。切腹し、既に亡くなっていた主人の遺体に覆い被さり、意識が朦朧としている信吾に、裸体の女性が斬られて、その首筋から胸元に掛けて一筋の血が流れ落ちるのをもう一度イマージュさせた三隅監督の浪漫性にお見事の一言を献辞するものである。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告