警視庁物語 全国縦断捜査|MOVIE WALKER PRESS
MENU

警視庁物語 全国縦断捜査

1963年6月14日公開,82分
  • 上映館を探す

“警視庁物語”シリーズの第二十二話。「東京アンタッチャブル 脱走」の長谷川公之が脚本を執筆、「遊民街の銃弾」の飯塚増一が監督した。撮影は「ギャング対Gメン 集団金庫破り」の山沢義一。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

東京奥多摩で男の死体が発見された。捜査の結果、犯人はバンドで被害者を絞殺、石油カンで顔を砕き、焼き殺したこと、被害者の名は佐山ということが判った。佐山は就職の件とかで、戸籍謄本を持って外出したのだった。遺留品のバンドのバックルが沖縄に関係あるので、沖縄へ飛んだ刑事から城間という男を追えと言ってきた。城間は四日市の石油会社にいるはずだ。この事件の目撃者による城間のモンタージュ写真が出来上った。城間の運転免許台帳の写真と照合したが全然似ていなかった。ところがそのモンタージュ写真は指名手配中の殺人犯中北だった。さらに不思議なことは、四日市に行ったはずの城間に東京で交通違反出頭状が来ていることだった。所轄署に保管してあった免許証の写真は中北だった。指名手配中の中北は戸籍謄本を利用、城間になりすましたが、交通違反でそれがバレるのを恐れ、佐山に目をつけたのだった。城間も殺されていた。その頃、本部では、佐山と同じように就職のことで戸籍謄本を持って上野駅へ行く男の話を聞きこんだ。もう犯人は中北と決った。捜査陣は上野駅に張りこんだ。駅で待っていた中北はまもなく逮捕された。

作品データ

製作年
1963年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
82分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

4.0
  • 遅れてきた映画青年

    4
    2015/8/31

    暗い山中で、犯人が死体に油をかけ、モノクロ画面一杯に炎が上がるとそこでバーンとタイトルが出る! わくわくするオープニングである。
    犯人逮捕の瞬間は無音のドキュメンタリースタイルで秀逸。自分の夫が殺人犯と知って、生まれたばかりの我が子に手をかけようとする哀れな妻に中原ひとみが扮してこれも絶品。(特別出演とクレジットされていたので、ノーギャラだったのだろうか?)
    その場に出くわして、心配して寄り添う金子刑事(山本麟一)が何ともさりげないカッコよさ! この人このころはイケメン役だった! 後年の強面キャラからは想像もつかないギャップが最高!
    例によって、花沢徳衛扮する林刑事は要所要所で笑わせてくれる。
    息子が殺されるから助けてくれと駆け込んだのは新東宝のオババ五月藤江! 五月オババ東映で生き残っていたのかと感動した。それが犯人逮捕のきっかけになったのだから、この映画はオババが締めくくったようなもんだ! オババえらいぞ!
    推理ドラマの中に世相を巧みに織り込んでドキュメンタリースタイルにまとめ上げたシナリオと演出に脱帽の一言!

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告