わが恐喝の人生:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
わが恐喝の人生
わが恐喝の人生

わが恐喝の人生

1963年12月7日公開、86分、アクション
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

藤原審爾原作“恐喝こそわが人生”より、「安来ぶし道中」の大川久男と「馬喰一代(1963)」を監督した瀬川昌治が共同で脚色、「柔道一代」の佐伯清が監督したアクションドラマ。撮影は、「パレンバン奇襲作戦」の星島一郎。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ナイトクラブ「エテルナ」のボーイ、駿と五郎は幼い時からの親友同士。大都会に希望を求めて来た二人だが、警官希望の五郎は喧嘩早い駿の将来が心配であった。この懸念は早くも適中した。「エテルナ」の常連で、政界ボス水野信三を脅迫者から救った駿は、外国人宝石密輸団との関係を示すフイルムを手に入れた。このフイルムを土産に駿は水野一派にくいこもうとしたが、水野は子分に命じて「エテルナ」から駿を追放した。真面目に人生を歩もうとする五郎の姿は、ぐれた駿にとっては、反感を抱く何ものでもなかった。五郎の恋人貞子と関係したのもそのあらわれだ。「小さな店でももたしてやろう」悪党づれした駿も、心で貞子をいつか愛していた。新宿を根城にあらゆる悪の世界で顔をきかせるようになったある日、水野が彼の黒幕になって、駿を大者にしてやろうと話しかけた。あの過酷な水野が、駿の能力に惚れこんだのだ。悪の世界に生きようとする駿は、新たに四つ葉会を結成し、「悪い奴から金をしぼる」と大恐喝に乗り出した。が、駿の愛する貞子は身篭ったまま、交通事故で他界した。全てを知った五郎は、駿をとりまく悪の世界を憎悪し、その動静をさぐったが、恐喝の被害者は事件を明るみに出さないという定石通りその捜査は困難を極めた。恐喝に成功した駿は、コールガールを組織する谷田をゆすろうとした。これを知った五郎は犯人をあげようとしたが、水野の圧力により四ツ葉会の捜査は打ち切られた。やがて駿は貞子の面影を宿す志保と幸福な結婚をし、駿の夢が実ろうとした時、水野の急死に会い駿の身辺は洗い出された。危うしとさとった水野の子分は、駿を殺し屋の手に渡した。無惨な死顔を見せる駿。怪物のような悪の壁にぶつかっていって自滅した駿を前に、五郎も、その生き方を否定出来なかった。

作品データ

製作年
1963年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
86分
製作会社
東映東京
ジャンル
アクション

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

- /0件

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?