国際秘密警察 虎の牙:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
国際秘密警察 虎の牙
国際秘密警察 虎の牙
-

国際秘密警察 虎の牙

1964年2月14日公開、89分、アクション
  • 上映館を探す
  • みたい
    -
  • みた
    -
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

安藤日出男のオリジナルシナリオを「のら犬作戦」の福田純が監督したアクション・ドラマ。撮影もコンビの内海正治。

ストーリー

国際秘密警察から派遣された北見次郎は、アラバンダ共和国虎の牙将軍と呼ばれるクリマの用心棒となってひそんだ。日本から秘書として明石梨江もクリマの側にいた。クリマは、ダム建設資材買付けのため、彼の忠臣サバトをつれて東京へおしのび旅行にたった。梨江の懇願で北見も一緒にあとを追ったが、東京のアラバンダ大使館では、非公式なクリマの来日を心よく思っていなかった。梨江の父明石大佐を訪ねた北見と梨江は、大佐が謎の失踪を遂げているのを知った。軍隊時代技師研究所にいたという大佐の身辺は、北見には危険なものに感じられた。国際ホテルでクリマに会った北見は、その行動に強い興味をもった。ダム建築資材の入札会の日、クリマはダム建設には関係のないボンベを大量に仕入れた。大佐とボンベの間に何かある。この北見の行動をさぐたクリマとサバトは、北見の身許を知り、消そうとはかった。しかし、北見は一瞬早く、クリマが梨江を人質に大佐を監禁している事実を暴露した。全てを知った大使館の駐在員は、クリマを売国奴とののしり北見の説明も聞かず拳銃を四人にむけた。が北見は得意のガンさばきで銃を奪い返し、大佐が監禁されている毒ガス工場へと駈けつけた。大佐は、クリマのあくことない戦争への意欲の犠牲となり、毒ガス作りをしていたのだ。そして再び北見の口から意外な事実が……クリマ将軍も大佐も中野学校の同期生であり、クリマは内戦の時に現地で功を遂げ虎の牙将軍となったのだという。そして北見も同じ中野の出身だった。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

製作年
1964年
製作国
日本
配給
東宝
初公開日
1964年2月14日
上映時間
89分
製作会社
東宝
ジャンル
アクション


[c]キネマ旬報社