美しい十代|MOVIE WALKER PRESS
MENU

美しい十代

1964年2月8日公開,79分
  • 上映館を探す

「成熟する季節」の宮内婦貴子のオリジナル・シナリオを「霧に消えた人」の吉村廉が監督した歌謡ドラマ。撮影は「にっぽん昆虫記」の姫田真佐久。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

みなし子の竹内ミカは、職探しの途中、これも花田組の幹部になりたくて機会を待つ純と、保に会った。彼らの友人の警官青木の紹介でスーパーマーケットに勤めが決ったミカは、優しくて、気持の明るい人が出て来たら結婚しようと心に決めていた。一方純と保は、ふとした機会にマーケットに勤める三島宏と知り合いになった。意気投合した純は、数日後宏を訪ねたが、チンピラ風のスタイルの純を見た支配人は、いい顔をしなかった。が純とミカはいつか親密な交際を始めていた。一方宏もミカに好意を寄せていた。ある日、純は万引して来たスカートをミカにプレゼントした。同じように、古い毛糸で編んだ手袋を贈られた純は、自分の不純な贈物に悩んだ。数日後純との約束の日、会社の慰安旅行に出たミカを、純はオートバイで追って来た。そんな姿をみてミカは自分が愛していたのは純だと初めて覚った。数日後、保はやくざの争いで純の身代りになって死んでいった。純の心にやくざに対する反発心がもりあがった。翌朝少年院に向う純は、ミカの条件にあうよい婚約者になろうと誓っていた。

作品データ

製作年
1964年
製作国
日本
配給
日活
上映時間
79分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?