東京オリンピック|MOVIE WALKER PRESS
MENU

東京オリンピック

1965年3月20日公開,170分
  • 上映館を探す

和田夏十、白坂依志夫、谷川俊太郎、市川崑の共同シナリオを軸に、ニュース、劇映画のキャメラマン一六四人が、イタリアテクニスコープ・カメラ五台と、二〇〇ミリ、一六〇〇ミリの超望遠レンズ、その他光学技術最高の技術をふるって撮影した、五輪映画初のワイド版。また監督の一員として参加した安岡章太郎が、体操と一人の選手のエピソードを担当、谷川俊太郎がカヌー競技の撮影にあたった。総スタッフ五百五十六人、総監督市川崑。2004年に市川監督自身が再編集し、音声を5.1ch化した「東京オリンピック 40周年特別記念 市川崑 ディレクターズカット版」(148分)が発表された。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ブルドーザーが鳴り、東京の街々は“東京オリンピック”の歓迎準備は万端整った。ギリシャに端を発した近代オリンピックの火が、太平洋を渡って、今、東洋の国日本に近づいている。羽田空港には、アメリカ選手団を初めとして、各国選手が到着した。万国旗のひらめく中、聖火は点火され平和を象徴する鳩が放された。翌日から競技が開始された。一〇〇米男子決勝ではアメリカのへイズが、走高跳男子決勝ではソ連のブルメルが優勝。つづいて、砲丸投男子決勝でアメリカのロングが女子決勝ではソ連のタマラ・プレスが優勝。円盤投男子決勝ではアメリカのオーターが、女子決勝では再度タマラプレスが勝った。そして薄暮の中で、熱戦をくり広げた棒高跳は、ついにアメリカのハンセンの上に輝いた。翌日、雨空だった競技場で、一万米決勝でアメリカのミルズが優勝、つづい男子二〇〇、女子走高跳、女子槍投とうが行われた。八〇〇米女子決勝では、イギリスのパッカーが優勝。競技場のあちこちでは美しく逞しい身体がゆき交う。いそがしく動く報道陣の群れを追うように、国歌が流れ、女子八〇メートル・ハードル期待の依田選手が口笛を吹いて緊張をほぐしている。体操では、日本選手が堂々と君が代を鳴らした。今度初めて参加した国もある、チャドだ。三名の選手が参加した。二度と来られないだろう。競技場の晴れの舞台で、独立国の責任と喜びを味わった。日本のお家芸、重量挙、レスリング、柔道も、予想以上の成績だった。フェンシング水泳、フリーライフル、自転車、サッカー、ホッケー、バスケット、水球、馬術、そして、バレーボールでは、東洋の魔女が君が代を鳴らした。カヌー、ボート、ヨット、競歩、近代五種と競技は展開し、オリンピック最後を飾るマラソンは、アべべの楽勝で終った。すべて終了した。メキシコで再会する日を祝して、聖火は太陽へ帰った。メキシコの国旗がメインポールに翻えっている。

スタッフ

オリンピック東京大会組織委員会

企画、製作

田口助太郎

プロデューサー

和田夏十

脚本

白坂依志夫

脚本

谷川俊太郎

脚本

市川崑

脚本、総監督

清藤純

プロデューサー補佐

熊田朝男

プロデューサー補佐

谷口千吉

プロデューサー補佐

碧川道夫

技術監督

黛敏郎

音楽監督

亀倉雄策

美術監督

井上俊彦

録音監督

江原義夫

編集

林田重男

撮影

宮川一夫

撮影

長野重一

撮影

中村謹司

撮影

田中正

撮影

宮子勝治

制作デスク

大岡弘光

制作デスク

細江英公

監督部

亀田佐

監督部

日下部水棹

監督部

前田博

監督部

中村倍也

監督部

錦織周二

監督部

奥山長春

監督部

柴田伸一

監督部

渋谷昶子

監督部

杉原文治

監督部

富沢幸男

監督部

山岸達児

監督部

安岡章太郎

監督部

吉田功

監督部

伊藤義一

撮影部

松井公一

撮影部

三輪正

撮影部

中村誠二

撮影部

小川信一

撮影部

斎田昭彦

撮影部

瀬川浩

撮影部

潮田三代治

撮影部

山崎敏正

撮影部

山口益夫

撮影部

加川友男

録音部

水口保美

録音部

田中雄二

録音部

村瀬栄一

照明部

中村栄志

照明部

嶋昌彦

照明部

林昭則

編集部

石川英夫

編集部

松村清四郎

編集部

中井妙子

記録

三国一朗

ナレーション

読売日本交響楽団

音楽演奏

IMAGICA

現像

アオイスタジオ

録音

国際フォトマン・グループ

写真

土屋太郎

宣伝担当

防衛庁

協力

警視庁

協力

東京消防庁

協力

青木半治

監修

今日出海

監修

南部圭之助

監修

田畑政治

監修

竹田恒徳

監修

与謝野秀

監修

作品データ

原題
Tokyo Olympiad
製作年
1965年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
170分

[c]キネマ旬報社

動画配信

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?