新・事件記者 大都会の罠|MOVIE WALKER PRESS
MENU

新・事件記者 大都会の罠

1966年6月30日公開,90分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

島田一男の原作を「暗黒街全滅作戦」の石松愛弘が脚色し「喜劇 各駅停車」の井上和男が監督した記者もの。撮影は「侍」の村井博。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

Qポン飲料主催の歌まつり会場で、招待客の一人がQポン飲料を飲んで死亡、多数が中毒になった。死亡したBG桂けい子の妹冬子が姉の死に取り乱しているのを助けたのは、日報の記者スケやんこと寺井記者だった。冬子にとってはたった一人の肉親の死だったのだ。スケやんは冬子をいたわって、色々話をしているうちに、けい子がガイドクラブに所属していた事を知った。スケやんは事件の鍵はこの線にあるとにらみ、ガイドクラブの会計係で美校生の街頭画家野村に会った。そして、秘密を守ることを条件にけい子が連れてきた二人の男を聞き出した。その中の一人は、Qポン飲料のライバルスリーム食品の研究所主任矢野だった。間もなく矢野は逮捕されたが頑強に犯行を否認した。ところがQポン工事の作業員小川が、矢野に頼まれて飲料の中に毒物を入れたと自供した。当然、矢野とけい子の関係が暴露記事にされた。それを苦にした冬子はガス自殺を図ったが、中央日日のガンさんこと岩見記者に救われた。一方、野村がパリに行くことを知ったスケやんは、留学資金の出所に疑念を抱いた。野村に訊きただしても満足な答は得られなかった。その翌朝、野村は死体となって発見された。スケやんは事件の原因は激しい企業間の競争であり、Qポン飲料の社長牧村がこの事件の黒幕ではないかとにらんだ。牧村社長に会ったスケやんが、犯人はあなただ、とカマをかけたところ、牧村の顔に狼狽の色が浮んだ。その頃、警察の執拗な追求に耐えられず、小川が遂に自供を翻した。パテント裁判で不利になった牧村が、相手会社のスリーム食品を陥入れるためにやったというのだった。警察はすぐさま、牧村逮捕に向かった。そして、牧村に殺されかけたスケやんを救い、牧村を逮捕した。熾烈な企業戦争を悪らつな手段で勝ち抜こうとした牧村の野望はみじんに砕かれたのだった。

作品データ

製作年
1966年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
90分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?