恐怖省|MOVIE WALKER PRESS
MENU
恐怖省
恐怖省

恐怖省

1988年1月23日公開,0分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

1人の男が謎の秘密結社の陰謀に巻き込まれてゆく姿を描いたサスペンス。製作・脚本はセトン・I・ミラー、監督は「死刑執行人もまた死す」のフリッツ・ラング、原作はグレアム・グリーン、撮影はヘンリー・シャープ、美術はハンス・T・ドライエールとハル・ペレイラ、音楽はヴィクター・ヤングがそれぞれ担当。出演はレイ・ミランド、マージョリー・レイノルズほか。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

イギリスのレンブリッジ精神病院。6時が時を打つとともにスティーブン・ニール(レイ・ミランド)の退院の瞬間がやって来た。駅に着き、列車が遅れていることを知ったニールは、中流婦人たちが催す慈善バザーの会場に入ってゆく。直前に占い師のベレイン夫人(ヒラリー・ブルック)に予言され、ニールはケーキの重さを当てるコンテストに優勝する。ケーキを持って駅に向かい、その時タクシーで男が到着すると人々がニールを追って来てコンテストの結果は間違いだと言った。つっぱねたニールは列車に乗ると盲目の振りをした男が、突然起こった空襲の中、ケーキを持ち去ってしまう。ロンドンでニールは私立探偵レニット(アースキン・サンフォード)に依頼して2人で慈善バザーを主催した協会の本部を訪ねた。ニールはオーストリアからの亡命者ウィリー(カール・エスモンド)とカーラ(マージョリー・レイノルズ)の兄妹と知り合う。次にベレイン夫人を訪ねると、ニールを降霊術へと誘う。輪の中には先日のタクシーの男コスタ(ダン・デュリエ)やフォレスター博士(アラン・ネイピア)がいる。ニールは殺人者だとされ、レニットの事務所に帰るがそこにはツメを磨く怪しい男しかいない。再び逃げたニールはカーラと会い本屋に行き、フォレスター博士がナチの心理学者だと知る。本を持って行くよう頼まれ博士の家へ行くと、トラヴァースの名しかなく突如本のスーツケースが爆発する。ニールは事務所にいた怪人に助けられるが彼は警部であり、ニールがレニット殺しを疑われていることを告げる。2人は列車の中の盲人の殺害現場でケーキの中にあったマイクロフィルムを発見する。続いてフォレスター博士を追った2人は仕立て屋のトラヴァースを捜し出したが彼はコスタであった。だがコスタはすぐに殺され、ニールはコスタの顧客らしいカーラの家に急行する。ニールはウィリーとカーラにナチのスパイ行為の件でつめ寄り、格闘する。兄のしていたことを初めて知ったカーラはウィリーに鏡を向ける。死んだウィリーの肩から残りのマイクロフィルムが発見されるが、続いてフォレスター博士がニールとカーラに銃口を向ける。だが、その時警察がなだれ込み、一挙に事件は解決された。ニールとカーラは結婚して新婚旅行に旅立ち、ニールはカーラの「ケーキ」という言葉にギョッとするのだった。

作品データ

原題
Ministry of Fear
製作年
1944年
製作国
アメリカ
配給
ケイブルホーグ
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

  • 道悪の鬼
    道悪の鬼
    5.0
    2019/6/7

    巻き込まれ型のスパイサスペンス。

    グレアム・グリーン原作だから、悪い作品ではないが、会社の編集の仕方がある衣のだろう。前後のつながりが悪い箇所がいくつか見られる。

    違反報告