女殺し屋 牝犬|MOVIE WALKER PRESS
MENU

女殺し屋 牝犬

1969年6月14日公開,81分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

藤原審爾の原作を「ある殺し屋の鍵」の小滝光郎が脚色し、「女賭博師さいころ化粧」の井上芳夫が監督したアクションもの。撮影は女賭博師シリーズを撮っている中川芳久が担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

小料理屋の美しい女主人客代は凄腕の殺し屋であった。ある日、木島興業の幹部相川から金融王石塚を消してくれと依頼された。香代は刑事に見守られプールで泳ぐ石塚を見事に殺したが、帰途についた彼女の車には罠が仕掛けられてあり、危うく助かった香代は始めて怒りに燃え、殺意を抱いた。そしてファッション・モデルの美加に頼んで相川を旅館に誘い込んだ香代は相川を脅して組長の木島を呼び出した。二人を痛めつけ、石塚殺しを指令したのが美加のパトロン東洋商事社長の安部であることを吐かせ、あっさり二人の命を奪った。何も知らない美加に安部を紹介させ殺そうとするが、香代の正体を知った安部は逆に約束の場所に殺し屋をさし向けた。危うく難を逃れた香代は電話で殺しを予告し、うろたえた安部は改めて美加のレジデンスを会見の場所に指名した。香代は窓からバスルームに侵入した。室内には美加と電話中の安部。その電話から、さらに安部の上にボスがいることを知った香代は、すきを見て襲ってきた安部を刺した。目指す相手、政界の黒幕飛田が羽田から外遊すべくボディガードと刑事に護衛されて傲岸と胸を張った後から香代が音もなく近づいたのは、出発のアナウンスが始まった直後だった。

作品データ

製作年
1969年
製作国
日本
配給
大映
上映時間
81分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?