関東おんなド根性|MOVIE WALKER PRESS
MENU

関東おんなド根性

1969年10月4日公開,78分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「関東おんな悪名」の高田宏治が脚本を書き、「用心棒兇状旅」の井上昭が監督したシリーズ第三作。撮影は、「人斬り」の森田富士郎が担当した。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

江島組二代目組長・江島美樹は、出所して、久しぶりの川崎に帰ってきた。同じ川崎の佐川組々長・佐川剛介の肝入りで、美樹歓迎の宴が開かれた。その席上、美樹は、佐川に“関東明和会結成発起人名簿”を示され、加入するよう要請された。美樹は、返事を預けた。美樹の考えも決らぬまま“関東明和会”の会長選挙が行なわれ、若いがやり手と評判の大沢良平が会長に推された。美樹の一票が自分の思うままにならなかった佐川は、美樹に言いがかりをつけてきた。それは佐川の罠だった。それを知らない憲治は、佐川組の子分を刺した。その結果、美樹は、関東ところ払いにされてしまった。江島組解散をせまる佐川に対して、大沢が代紋を預って、危機は免がれ、美樹は、旅に出た。だが旅の風は冷たく佐川の差し金で、行く先々の親分衆は会おうとしなかった。ある温泉で、旅の疲れをいやしていた美樹は、筒井という大阪のやくざに襲われた。温泉宿の板場の機智で危く難を逃がれた美樹は、隠れた女中部屋で、探していた憲次の恋人・秋子にめぐり逢った。そして再び襲ってきた筒井を倒した美樹は、秋子を連れて八王子に行き、そこから大沢に電話を入れた。そして、憲治と秋子は、電話で愛を確かめ合った。八王子から先へ入れぬ美樹のため、大沢と憲治は車を飛ばした。が、突如現われたダンプカーに激突され、重傷を負った二人にダンプから銃弾が浴びせられた。任侠一途に生きぬいてきた美樹は、ところ払いの身ながら、川崎に戻り、真昼の街頭で、恨み重なる佐川を真向から刺した。

作品データ

製作年
1969年
製作国
日本
配給
大映
上映時間
78分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?