殿さま弥次喜多|MOVIE WALKER PRESS
MENU

殿さま弥次喜多

1960年1月15日公開,79分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

殿さま弥次喜多シリーズの第三作完結編。「一心太助 男の中の男一匹」の鷹沢和善と、田村弘教の脚本を、「一心太助 男の中の男一匹」のコンビ沢島忠が監督し、坪井誠が撮影した。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

「嫌じゃ、嫌じゃと申したら絶対に嫌じゃ」八代将軍の候補に選ばれた尾州宗長、紀州義直の両殿さまが、名古屋城と和歌山城でゴネている。宗長、義直は城を飛出すことすでに二回、両家の家老は、逃亡に備え二人の対面も声だけ、往復の道中も駕籠をがんじがらめに縛るという厳重さだ。ところが、宿場に入る連中を待ちうけていたのは瓦版のモサ連中、本陣になだれこんだ。宗長、義直はチャンスとばかり本陣を逃げ出した。二人はひょんなことから「いろは瓦版社」で働くことになった。社長のお君は、パリパリの特ダネ事件記者だ。殿さまコンビも共同で記事を書いた。尾州、紀州の両藩は主君を失って大騒ぎ。極秘のうちに探索に乗り出した。一方、まだ幼い忠晴を八代将軍に推して、お家の乗っとりを図る悪家老九鬼弾正も暗殺団をくり出した。いろは瓦版社が、宗長・義直の談話を出し始めたのはこんな時だった。尾州、紀州の両家老に、弾正も暗殺団を率いていろは瓦版社にのりこんだ。飛び出した宗長・義直のマッハ族は、あっちこっちでスピード違反、よろずもめごとあずかり所菱川土師兵衛の店に飛びこんでやっとストップした。土師兵衛はお君の父だった。彼は二人のために大芝居を打った。宗長・義直が二人助六、絢爛豪華な揚巻の道中を止めて、土師兵衛と歌舞伎調でやり合う。が、揚巻をあげに吉原にくりこんできた弾正一味と衝突、乱闘となった。宗長は首謀者対馬守に止めを刺した。あとは八代将軍の決定。宗長はクジを作って義直のクジには墨が黒々と--。お江戸日本橋を尾州家の行列が通る。土下座して見送るお君の前に「八代将軍紀州義直に決定」の瓦版。この特ダネを手にしながらも、お君の顔は意外に寂しそうだった。

作品データ

製作年
1960年
製作国
日本
配給
東映
上映時間
79分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?