港の乾杯 勝利をわが手に|MOVIE WALKER PRESS
MENU

港の乾杯 勝利をわが手に

1956年3月21日公開,65分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「女の学校」の中川順夫が浦山桐郎と共同で脚本を書き、新人鈴木清太郎が第一回作品として監督、「赤ちゃん特急」の藤岡粂信が撮影を担当した。主なる出演者は、「第8監房」の三島耕、「赤ちゃん特急」の牧真介、南寿美子、「丹下左膳(1956)」の河津清三郎、他に天路圭子など。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

郷愁にとり憑かれたかのように、一人の男が港町を歩いて行く。木崎伸吉は船乗りだったがある事件の責任を一人で背負ったばかりに、今では魚の担ぎ屋をやっている。昔の仲間に誘われるまま早苗の酒場へ行くと、そこでもなつかしい顔ぶれが明るく彼を迎えてくれた。船員たちからマスコットのように愛されている早苗は、伸吉の弟で競馬騎手の次郎が今日のレースに優勝したら、祝宴をひらくと約束したほどの熱のあげようだった。その頃、見事に優勝した次郎は青山あさ子という女と知り合い、一緒にナイトクラブへ出かけ、遂に酒場へは姿を見せなかった。あさ子は土地のボス大沢の女である。翌朝、下宿へ帰った次郎は、伸吉からひどく叱られたが、その後、次郎とあさ子の仲は急速に進展した。ある日、あさ子に逢いにナイトクラブへ出かけた次郎は、大沢から次のレースに八百長をやれと脅迫された。ヤケ酒に酔いしれて帰った次郎は、伸吉からあさ子が留守中に来たことを聞かされた。次郎を熱愛しながらも大沢から逃れることのできないあさ子は、八百長だけはやらないでくれといって帰ったという。そのレースの当日、大沢とあさ子の姿を見て心乱れた次郎は不覚にも落馬したが、執拗な大沢は最終日の桜花レースにも八百長をやるように迫ったのである。しかし次郎はスタンドにあさ子の姿を見るや、大沢の脅迫も忘れ、全力をつくして優勝の栄冠をかち得た。次郎が大沢らに拉し去られたと聞いて伸吉が駈けつけたとき、あさ子の拳銃が火を吐いて、大沢が倒れた。弟とあさ子の幸福を祈りながら、伸吉は刑事の手錠をうけた。それは伸吉が再び船員になれるという報せを受けた日のことである。

作品データ

原題
Victory is Ours
製作年
1956年
製作国
日本
配給
日活
上映時間
65分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?