あの娘が泣いてる波止場:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
あの娘が泣いてる波止場
あの娘が泣いてる波止場
-

あの娘が泣いてる波止場

1956年5月17日公開、59分、恋愛/ミュージカル
  • 上映館を探す
  • みたい
    -
  • みた
    -
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

人気歌手三橋美智也がスクリーン・デビュウする歌謡メロドラマ。「姿なき目撃者」の日高繁明が竹中弘祐と共同で脚本を書き、日高繁明が監督した。撮影は「吸血蛾」の安本淳。主な出演者は三橋美智也の他、「婚約三羽烏」の宝田明、「のり平の浮気大学」の河内桃子、北川町子、「鞍馬天狗 御用盗異変」の平田昭彦など。

ストーリー

密輸団剛田一味の姐御山手の美沙子はやくざの真太郎に惚れて、妹マキのため堅気になろうとする彼を追って、仲間から足を洗おうとし、剛田一家の兄き株竜二にその決意を話した。しかしその直後、彼女は何者かに射殺され現場には口がきけない乞食一太しか居なかったので嫌疑は竜二にかかり、彼は剛田の命令で国外に逃亡した。一年後、竜二は真犯人を探し出し恋人マキや真太郎に逢うため、再び横浜に戻ってきた。剛田の経営するナイトクラブで歌手をしていたマキは酒場“ボン”のマスターから竜二帰ると聞き喜んだが慌てた剛田一味は百方、竜二の行方を探し始めた。賭博場で知り合った夜の女ユリと一夜を過した竜二は、ユリが美沙子の妹で、姉を殺した男を探しに横浜へ来たことを知り、彼女に一切を打ち明けた。ユリは彼の真情を知って犯人の疑いを解き、折から竜二を探しに来た木塚、西川の両刑事からかくまってやった。消息の絶えた竜二の身を案じて街中を探し廻るマキは剛田と子分の健に“クリフサイド”へ連れ去られた。真太郎の下宿に現われた竜二はマキの友達サリーから彼女の誘拐を聞きはやる真太郎を押し止めて“クリフサイド”に向った。密輸団一味の集る中でマキが阿片を運ぶよう強制されている処へ、単身乗り込んだ竜二は、そこに駈けつけた真太郎の加勢で、美沙子を殺した真犯人の健を始め剛田一味を倒した。その場に現われ竜二の危急を救った乞食の一太は、実は税関監視部長勝元の変装だった。密輸団一味は検挙されユリはマキと抱き合う竜二の姿を見て、闇の中に去って行った。やがて港の見える丘の上には楽しそうに合唱する竜二とマキ、そして真太郎の姿があった。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

製作年
1956年
製作国
日本
配給
東宝
初公開日
1956年5月17日
上映時間
59分
製作会社
東宝
ジャンル
恋愛ミュージカル


[c]キネマ旬報社