禁断の惑星|MOVIE WALKER PRESS
MENU

禁断の惑星

1956年9月8日公開,98分
  • 上映館を探す

地球外の惑星を材にとった空想科学スリラー篇。アーヴィング・ブロックとアレン・アドラーの原作から「誘惑」のシリル・ヒュームが脚色、「山荘物語」のフレッド・M・ウィルコックスが監督に当った。撮影監督は「蜘蛛の巣」のジョージ・フォルシー。特殊技術はアーノルド・ギレスピイとウォーレン・ニューカム、これにディズニイ・プロからアーヴィング・G・リイスとジョシュア・メーダが協力、全面的に使用される電子音楽の担当はルイスとビーブ・バロン夫妻。主演は「重役室」のウォルター・ピジョン、「暴力教室」のアン・フランシス、「誘拐」のレスリイ・ニールセン、その他ウォーレン・スティーヴンス、ジャック・ケリーなどが助演する。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

西暦2200年、高度に文明の進んだ地球人は、他の遊星に植民を行い、光より速いスピードの原子艇で宇宙を駈けめぐる。アダムス機長(レスリイ・ニールセン)の遊星連合、宇宙巡察機Cー57ーD号は惑星第4アルテアに赴く。艇の任務は20年前、この惑星に派遣・消息を絶った科学者の一団を探すことだった。惑星には、科学者団の一人、哲学、文学博士で言語学者のエドワード・モービアス博士(ウォルター・ピジョン)だけが生き残っていた。彼はこの惑星で生れた娘アルティラ(アン・フランシス)と、彼の造った精巧なロボットを使って生活していた。アルテアにはかつて強大なクレール人が住み2万年以上前の全宇宙を支配、アルテアを不可侵の星“禁断の惑星”としていた。調査団はその怒りにふれ皆殺し。しかし人類より数百万年も進化したクレール人は、精神内部の完成直前、一夜にして滅亡してしまった。博士は一同をクレールの遺跡、原子物理研究所へ案内する。アダムスは感嘆の末、その設備を地球に持ち帰りたいと申し出たが、博士は反対しアダムスらに、早く地球へ戻れという。しかも、ある夜現われた怪物は隊員の一人を殺し、やがて原子艇を襲った。応戦する隊員も怪物の敵ではない。博士の言動を疑うアダムスらは不在中書斎を調べ、彼の秘密を知る。20万年前滅びたクレール人の残した怪物、いわば“観念の具象化”ともいうべき、考えたことが直ちに実現するという存在に博士は“悪”の面を利用隊員を襲わせたのだった。秘密を知られ、心の平静を失った博士は誤って怪物に襲われる。彼は娘の命を助けるため連鎖反応で実験室を破壊し博士と怪物、そしてアルテアは永久に宇宙から消滅。アダムスの艇はロボットのロビイとアルティラを乗せ、爆発寸前に辛うじて惑星から脱出した。

作品データ

原題
Forbidden Planet
製作年
1956年
製作国
アメリカ
配給
MGM
上映時間
98分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

5.0
  • キネマ白道

    5
    2013/5/28

    1956年製作のSf映画である。

    しかしこの映画

    時代を飛び越えた傑作カルトSF映画として

    今も鳴り響いているのである。

    内容的にも

    早すぎた映画だったともいえます。

    イドの怪物とか、ロビーロボットとか、

    今だったらアリですが

    1956年には

    早すぎたのでは?

    また、

    何よりこのタイトルが最高ですよね。

    「禁断の惑星」forviden planetです。

    これだけでも見たくなりませんか?

    監督のウイルコックスという人はこれ1本しかとってませんが、

    この映画のためだけに使わされてのでしょうか?

    そんなくらいにカルトでコアな傑作SF映画の金字塔です。

    私の中では、

    これを越えるSF映画はないと迄言い切ってもいいかもしれませんね。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • ブルー・ドラゴン

    5
    2007/7/1

     この作品は、SFの元祖といってよいでしょう、この時代によくこんな作品がつくられたものだと感心しますが、それほど人間の想像力は素晴らしいということだと思います。
     しかも、目に見えない怪物の正体が人間が作り出したものだというと、これは現代の映画に置きかえても十分に通じるストーリィである。
     この作品は、小学六年生の頃に観たもので最近DVDで観ることが出来たが、五十年前の感激を思い出してしまった。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告