金髪か黒髪か:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
金髪か黒髪か
金髪か黒髪か
-

金髪か黒髪か

1927年公開
  • 上映館を探す
  • みたい
    -
  • みた
    -
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

ジャック・ブウケエ氏、アンリ・ファルク氏合作の舞台劇を映画化したものでジョン・マクダーモットが脚色し、「野薔薇」と同じくリチャード・ロッスン氏が監督した。主役は「不良老年」「サタンの嘆き」「三日伯爵」など主演のアドルフ・マンジュウ氏が演じ、「ハレムの貴婦人」「漂泊の人」等出演のアルレット・マルシャル嬢が相手役を勤め、メアリー・カー夫人、エミール・ショータール氏が助演している。

ストーリー

パリの若手の弁護士アンリ・マルテルの家には昼夜の差別無く歓楽狂の悪友連が押し寄せて彼を悩ませるので、アンリはこれを避けて田舎に旅行し旅先でルイズ・ピリエと呼ぶ酒も飲まず煙草も喫わずチャールズトンなどの名も知らぬ非モダン・ガールに逢って一も二もなく結婚してしまった。新婚後間もなくアンリは仕事のためめモロッコに旅行し、帰って見ると、妻のルイズは悪友連の押し込みでまるで別人のようにパリ化していた。アンリは失望してルイズと別れ至極家庭的な女ブランシユ・コルベエルと再婚したが、離婚したことを急にルイズの実家に知らせるとルイズを寵愛している祖母が驚号するというので遠回しにそれとなく匂いはせる手紙を出した。アンリはブランシユが余り家庭的に過ぎるので閉口し先妻ルイズのことを忘れ兼ねた。その折りルイズの父親が祖母の指図でアンリの家を訪ねたので事実が暴露したが、祖母の前だけ元どおりの仲と見せて安心させることに相談一決し、アンリとルイズとはブランシユを友人としてそろって祖母を訪れた。そのため3人はこと毎に困り抜いたが祖母は初めから何もかも承知で、アンリとルイズの愛情の程度を試していたので結局2人が相愛の仲だということが判った。そしてブランシユもアンリは自分よりルイズを愛していることを認め、奇麗さっぱりとアンリを思い諦めて、不和のうちに万事万端都合よく解決した。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

原題
Blonde or Brunette
製作年
1927年
製作国
アメリカ
配給
パラマウント支社
初公開日
1927年
製作会社
パラマウント映画


[c]キネマ旬報社