少女と風船:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS
MENU
少女と風船
少女と風船

少女と風船

1958年4月22日公開,48分
  • 上映館を探す
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

雑誌りぼん所載の関沢新一の原作を、原作者自身が脚色、「東京野郎と女ども」の吉村廉が監督、「春泥尼」の峰重義が撮影した少女もの。「丹下左膳(1958)」の松島トモ子のほか、沢本忠雄、稲垣美穂子、東谷暎子などが出演している。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

少女ミチ子は、隅田川の遊園地で風船を売るモヨ婆さんと、町工場で働く兄の保との三人暮しだった。父は、南方の空で戦死してしまったのだが、今でもミチ子は父への夢を抱いていた。ミチ子の友達は、街頭放送のアナウンサー康子姉さんである。ある日、保が与太者仙吉への借金の返済を工場の親父に頼んでいるとき、須藤という男が現われた。昼休み、保は須藤の鞄から財布をぬくと工場をとび出した。が、保の背に同僚の「泥捧ッ」という声が追っかけて来た。須藤はモヨ婆さんの家へ駈けつける。ところが、須藤が探している遺家族が保とミチ子だったのだ。「財布の中にお父さんの写真が入っている」という須藤の言葉を聞いて、ミチ子は康子のところへとびこんだ。その頃、保は財布を仙吉に渡そうとしていた。と、ミチ子の訴える声がスピーカーから流れて来たのだ。それは、保の心を打った。保は仙吉をなぐりつけた。まもなく財布は無事須藤の手に戻った。写真の裏にある父の最後の手紙を読んだミチ子は、自分も手紙を書き、風船に結びつけた。ミチ子の手を離れた風船は、静かにミチ子の夢をのせて海の方へとんでいった。

作品データ

原題
The Girl and the Baloon
製作年
1958年
製作国
日本
配給
日活
上映時間
48分
製作会社
日活

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?