剣姫千人城|MOVIE WALKER PRESS
MENU

剣姫千人城

1959年2月11日公開,73分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

東京タイムズに連載された貴司山治原作の『金色女剣』を「阿波狸変化騒動」の赤坂長義が脚色し「怪談乳房榎」の加戸野五郎が監督、撮影は「侠艶小判鮫 (前後篇)」の西本正が担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

蜂須賀阿波守は、悪家老大田黒大膳と側室お伝の方にそそのかされて、酒色に溺れていた。城下の剣山に、長曾我部の遺臣金剛、黒田の二党の郷士がいた。黒田党の黒田権兵衛は、お伝に取入り金剛党を倒す計画、しかも蜂須賀家の剣山に埋められた百万両をねらっていた。埋蔵金の在りかを知っているのは金剛党の金剛弾正ただ一人。権兵衛は彼を捕えて石牢にとじこめ白状させようとした。大膳もまたお伝と権兵衛を利用して、正室お玉の方を暗殺し、お家横領を図っていた。金剛党の剣姫こと剣新之助と、許婚の金剛三郎は、お玉の兄小谷伝十郎の援助を得て黒田党を悩ました。お国と俳偕師の蕉風も彼らに対して助力を惜しまなかった。大膳は妖仙寺の怪僧妖仙道人に祈祷所を建てさせ、ここでお伝と密会した。大膳は自分の企みを成功させようと、高柳北堂ら八剣士を剣山で金剛党と対決させた。新之助達は必死の防戦の末、囲みを破り脱出した。大膳はまた阿波守乱心のため、お伝の子を後継ぎにするよう幕府に上申した。この密書を待った使者を、新之助は途中で奪って、大膳の悪事を明るみに出した。新之助は事実を阿波守の伯父蜂須賀大内記に知せ、出馬を願った。事態の容易ならぬことを察知した大膳は遂に最後の手段として阿波寄の命を狙う一方、権兵衛に命じて城下に向う大内記を討とうとしたが、伝十郎の活躍で失敗した。城中の広間に集った阿波守や大膳、お伝、妖仙道人は、権兵衛の知せを待った。そこにかけつけたのは蕉風実は大内記だった。伝十郎と弾正の訴えで、悪事の露顕した大膳一味は、新之助等の刃に討たれた。大内記歓迎の阿波踊りの中に、美しく着飾った三郎と剣姫の姿がみられた。

作品データ

製作年
1959年
製作国
日本
配給
新東宝
上映時間
73分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?