ハラスのいた日々:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
ハラスのいた日々
ハラスのいた日々
-

ハラスのいた日々

1989年11月18日公開、106分
  • 上映館を探す
  • みたい
    -
  • みた
    1
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

子供のいない中年夫婦と小犬との触れ合いを描く。中野孝次原作の同名ノンフィクション小説の映画化で、脚本は「男はつらいよ 寅次郎心の旅路」の山田洋次と朝間義隆が共同で執筆。監督は「釣りバカ日誌」の栗山富夫、撮影は安田浩助がそれぞれ担当。

配信で観る

ストーリー

昭和47年3月。ドイツ文学を教える大学教授・徳田健次は妻の晶子と東京の団地から横浜の新興住宅地にある一軒家に引っ越した時、義妹の則子から小犬をプレゼントされた。ハラスと名づけられた小犬は子供のいない徳田夫妻からわが子のように可愛いがられた。ある日徳田の教え子の平田が相談に訪ねてきた。大学を辞めて故郷の山形で家業の温泉宿を継ぐことにしたのだが、同期の及川かおりへの片想いが心残りだという。徳田夫妻は二人の縁結びに一役買い、2年後平田は及川かおりと結婚。媒酌人となった徳田夫妻はハラスと共に山形・蔵王の式へ出席した。徳田夫妻のドイツ留学中は知り合いの娘に住み込みでハラスの面倒をみてもらっていた。5年後、徳田も大学を辞める時がきた。徳田夫妻もハラスも時と共に確実に老いていった。ハラスが12歳になった時、平田夫妻が新築のスキー・ロッジに徳田夫妻とハラスを招待してくれた。二人はスキーを楽しんだが、老いて元気のないハラスがある日行方不明になってしまう。子供のように可愛いがっていたハラスを残して東京へ帰れない徳田夫妻は悲しみに暮れた。必死の捜索が実ってハラスは痩せ衰えながらも帰ってきた。そして2年後の秋。ハラスは病魔に倒れ、とうとう息を引き取ったのだった。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

製作年
1989年
製作国
日本
配給
松竹
初公開日
1989年11月18日
上映時間
106分
製作会社
松竹


[c]キネマ旬報社