バトルヒーター|MOVIE WALKER PRESS
MENU

バトルヒーター

1989年11月3日公開,93分
  • 上映館を探す

人喰いコタツの引き起こす騒動をコメディ・タッチで描く。睦月三日生、島川AZ原作の同名小説の映画化で、脚本、監督は「キクロプス」の飯田譲治、共同脚本は「誘惑者」の中島吾郎、総監督は「ハワイアン・ドリーム」の川島透、撮影は「徳川の女帝 大奥」の水野尾信正がそれぞれ担当。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

ボロアパート・麒麟荘に住む古池道夫は、リサイクル専門の電気店を営む浜利一とゴミ捨て場にガラクタを拾いに行き、そこでコタツを見つけた。道夫はコタツをもらい、部屋で不思議な文様の金具をはずすと居眠りを始めた。道夫の隣に住むロックバンド“ブラディサヴィ”のリーダー、錆井は憧れの少女・佐野来美へのラブレターを道夫に渡してもらい、有頂天になっていた。身の回りで不吉なことが起こり始めた浜はある日、道夫の額にできたコタツと同じ文様のコブを見て驚いた。それはコタツの封印だったのだ。人喰いコタツは別の部屋のコタツを道夫の部屋に置き、自らは人を襲い始めていた。浜は道夫のコタツを持ち帰って調べたが何も異常は見つからなかった。一方、錆井らは麒麟荘に来美を呼んでコンサートを開こうと準備を進めていた。会場には女子高生たちが大勢集まってきたが、コンサートなんかを開いたら、電気を食べて巨大化するコタツの餌食になってしまう。ついに人喰いコタツが暴れ出し、麒麟荘はパニックとなった。そこへロボット・スーツを着た浜が現われ、コタツと対決。一方、道夫は封印リングを見つけ、人喰いコタツを再び封じ込めたのだった。

作品データ

製作年
1989年
製作国
日本
配給
松竹富士
上映時間
93分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.0

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?