唄まつり百万両:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
唄まつり百万両
唄まつり百万両
-

唄まつり百万両

1948年7月11日公開、87分
  • 上映館を探す
  • みたい
    -
  • みた
    -
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

「誰がために金はある」「天の夕顔」の伊藤基彦の製作。監督は「それはある夜のことだった」に次ぐ斎藤寅次郎。「黒馬の団七」の三村伸太郎と「あの夢この歌」を書いた岸松雄の共同脚本である。撮影は「それはある夜のことだった」の安本淳。主演は出演不能になった灰田勝彦に代わって木戸新太郎が「誰がために金はある」に次ぐ新東宝第二回出演。吉本からも金語楼、川田義雄が応援出演する他、新人紅町子が出演する。

ストーリー

日もうららに、まさに春風台とう。ここ城中は能狂言の催しもたけなわであった。だがゼイを尽くした催しも若殿源三郎にとっては生アクビもので、厳格でうるさい家老の金左衛門ににらみつけられていた。こうした生活に血の気の多い若者が堪えられるはずがない。夜陰に乗じて逃出したのはいいが、タライがおホリでひっくり返り、通りすがったカゴ屋の新太と太郎作に救われた。若殿にはこうした世の中は初めてのこと、何から何まで勝手が違うが人の情は温かい。その上居酒上の娘お花のかれんさには殊の外心ひかれた。風邪でねてしまった太郎作に代わって若殿はまちを歩くにつれて、まざまざと人の世を見せつけられ、今更「カゴの鳥」をなげくのであった。くるわの顔役山形屋の魔手は遂にお花にまでのびた。敢然立った源三郎君の奮闘も金左衛門にその所在を知られてしまった。失そうが因でふした大殿の様子を聞いては泣く泣く城に帰らねばならなかった。だが数日ならずして、お迎えのカゴがお花の家にたてられた。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

製作年
1948年
製作国
日本
配給
新東宝
初公開日
1948年7月11日
上映時間
87分
製作会社
新東宝


[c]キネマ旬報社