黒騎士(1952)|MOVIE WALKER PRESS
MENU

黒騎士(1952)

1952年10月23日公開,106分
  • 上映館を探す

評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

英国の文学者サー・ウォルター・スコットの著名な小説「アイヴァンホー」の色彩映画化1952年作品。「西部の王者」のイーニアス・マッケンジーが原作を潤色、「大草原」のマーゲリット・ロバーツがノエル・ラングレーと共同で脚本執筆に当たった。監督は「歌劇王カルーソ」のリチャード・ソープの担当。撮影はフレディ・ヤング、音楽は「四枚の羽根」のミクロス・ローザ。製作は「三銃士(1948)」のパンドロ・S・バーマンである。主演は「女群西部へ!」のロバート・テイラー、「陽の当る場所」のエリザベス・テイラー、「旅愁」のジョーン・フォンテーン、「サムソンとデリラ」のジョージ・サンダースで、以下「厳窟の野獣」のエムリン・ウィリアムス、「印度の放浪児」のロバート・ダグラス以下、英国から「大いなる遺産」のフィンレイ・カリー、「ハムレット(1947)」のフェリックス・エイルマーとバジル・シドニー、「禿鷹は飛ばず」の、ハロルド・ウォレンダーらが参加している。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

12世紀の英国。獅子王リチャードを戴くサクソン人のアイヴァンホー(ロバート・テイラー)は王がジョン親王と側近のノルマン人のために監禁されたことを知って、自ら釈放の身代金調達を決意した。ある日彼はシャーウッド森で、アシュビーの武術大会に向かうボア・ギルベール(ジョージ・サンダース)にあい、彼がノルマン人であることを知りつつも、父セドリック卿の館に案内してやた。アイヴァンホーは父から勘当を受けている身だったが、父と、館にかくまわれているアイヴァンホーの愛人ロウエナ(ジョーン・フォンテーン)姫は、暖かくボア・ギルベールを迎えた。翌日アシュビイに向かったアイヴァンホーは、道中ボア・ギルベールの部下から脅迫されていたユダヤ人アイザックを救ったことから、この男は身代金調達を引き受けて出た。男の娘レベッカ(エリザベス・テイラー)は、ひとめでアイヴァンホーの男らしさに引き付けられてしまった。武術大会ではアイヴァンホーはジョン親王側の騎士を次々に破ったが、ボア・ギルベールとの一騎打ちで重傷を負い、レベッカに看とられつつシャーウッドの森へ逃れた。ボア・ギルベールは彼を釣りだそうと、父、ロウエナ姫、アイザック、レベッカを監禁した。アイヴァンホーは救いに赴き、かえって捕らえられてしまった。このとき森の弓士たちが城を襲い、アイヴァンホーらは救出されたが、レベッカだけは彼女の色香に迷ったボア・ギルベールによってジョン親王の城に連行された。アイヴァンホーは彼女を救うため王の救出金を使おうと考えたが、アイザックは許さなかった。やむなくアイヴァンホーは百姓に変装して城へ出かけ、魔法使いとして処刑されようとしていたレベッカを、ボア・ギルベールとの決闘によって奪い返すことになった。彼はみごと宿敵を倒したが、ジョン親王は彼の射殺を命じた。この時、城へ攻め寄せたのがリチャード王と森の弓士たちであった。かくてアイヴァンホーは相愛のロウエナ姫と手を取り合って王に忠誠をつくすこととなり、レベッカはひとり思いを胸に秘めて、父アイザックと放浪の旅にのぼって行った。

作品データ

原題
Ivanhoe
製作年
1952年
製作国
アメリカ
配給
メトロ日本支社
上映時間
106分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?