小さな羽音 チョウセンアカシジミ 蝶の舞う里:映画作品情報・あらすじ・評価|MOVIE WALKER PRESS 映画
小さな羽音 チョウセンアカシジミ 蝶の舞う里
小さな羽音 チョウセンアカシジミ 蝶の舞う里
-

小さな羽音 チョウセンアカシジミ 蝶の舞う里

1993年公開、50分、ドキュメンタリー/アート
  • 上映館を探す
  • みたい
    -
  • みた
    -
評価、レビューが削除されますがよろしいでしょうか?

現在地球上では、1万8千種もの蝶が生息しているが、その中でも非常に珍しいとされているチョウセンアカシジミに的を絞り、その生態を映画としてカメラに収めたものが本作である。撮影は92年の春から始められ、韓国、日本の山形県でのロケを経て、同年の十二月に完成した。1880年にウラジオストックで発見されたこの蝶は、朝鮮半島でも発見されており、その後さらに日本の新潟県にも生息していた。チョウセンアカシジミがどういった経緯で日本にやってきたのか、どのようにして生存を保って来たのかなどの話が、蝶の生態と、自然環境の歴史を伝える。監督は「映画の都」の飯塚俊男。キネマ旬報文化映画ベストテン第一位。

ストーリー

※ドキュメンタリーのためストーリーは割愛します。

映画レビュー

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?

コラム・インタビュー・イベント

ニュース

作品データ

製作年
1992年
製作国
日本
初公開日
1993年
上映時間
50分
製作会社
チョウセンアカシジミの記録映画を作る会=電通映像事業局
ジャンル
ドキュメンタリーアート


[c]キネマ旬報社