NUMANiTE|MOVIE WALKER PRESS
MENU

NUMANiTE

1995年7月29日公開,0分
  • 上映館を探す

沼の底に住む姉妹とひとりの男をめぐる寓話。監督・脚本は「妖怪天国 ゴースト・ヒーロー」の手塚眞で、自ら詩の朗読もしている。『VISUAL ECSTASY』特集上映の中で公開された。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

沼の底に住むダニエルとミランダの姉妹。ダニエルは知的障害者だが神へ対する信仰心は人一倍厚く、ミランダは明るく社交的な性格だった。そんな姉妹を愛するジョルジュは、ふたりの性格ゆえにミランダとつきあうようになる。しかし、ミランダとつきあえばつきあうだけダニエルに対する愛情は深まるばかり。ある日、ジョルジュはとうとうダニエルに愛の告白をする。一方、ジョルジュに愛を告白されたダニエルは思い悩み、その答えを神へ求めた。すると神は、彼の愛を受け入れるのなら妹を失い、受け入れないのなら一生三人で仲良く生きていけると囁く。彼の愛を受け入れないことにしたダニエルは、毒を飲んで自殺してしまった。姉を失ったミランダが神へ祈ると、神はミランダとジョルジュのどちらかが命を捧げるなら、ダニエルをこの世に戻すと言う。ダニエルは自分の命を投げ出すが、それを見て逃げたジョルジュが足を滑らせ、沼に落ちて死んでしまった。彼の命が失われたことでダニエルは息を吹き返し、姉妹はその後仲良く暮らすのだった。

作品データ

製作年
1995年
製作国
日本
配給
NEONTETRA
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?