GONIN2|MOVIE WALKER PRESS
MENU

GONIN2

1996年6月29日公開,0分
  • 上映館を探す

たまたま居合わせた宝石店で宝石強盗事件に巻き込まれた5人の女たちが、強盗犯や暴力団に追いつめられながら逆襲していく様を描いた異色バイオレンス・アクション。転落した5人の男たちを描いた95年の「GONIN」のパート2だが、話としては独立した一本である。監督・脚本は前作と同じ石井隆。撮影は「ゲレンデがとけるほど恋したい。」の佐々木原保志が担当している。主演に「さよならニッポン!」の緒形拳。5人の女たちには、かつての石井作品でヒロイン・名美を演じた女優のうち「死んでもいい」の大竹しのぶ、「ヌードの夜」の余貴美子、「夜がまた来る」の夏川結衣の3人と、「罠(1996)」の喜多嶋舞、「XII-1118_PROMISE_THE_MOON」の西山由海がふんしている。R指定。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

暴力団野崎組から激しい借金の取り立てを受けていた外山正道は、野崎組傘下の中嶋組のチンピラたちに輪姦され自殺した妻・陽子の復讐のために組を襲撃、現金500万を奪って、陽子の誕生日に498万の猫目石をプレゼントするという約束を果たそうと宝石店に向かった。そのころ、宝石店には中嶋組の梶と直子ら強盗団が押し入っており、それぞれに個人的な問題を抱える5人の女たちがたまたま居合わせていた。フィットネスクラブを経営する蘭は金に困り、ポケットにスタンガンを忍ばせてこの店を訪れた。蘭がスタンガンを買うところを偶然目撃した早紀は、彼女の後をつけてきていた。夫の浮気現場を目撃した志保は、抜けなくなった結婚指輪を外してもらうために宝石店を訪れる。宝石店店員のちひろは実は梶の恋人で、裏で強盗団への手引きをしていた。セーラー服姿の売春婦サユリは17歳という嘘が通用しなくなった絶望感にとらわれ、フラリと宝石店に入ってきた。蘭はスタンガンを使って強盗団から銃と宝石を奪い、早紀とサユリと志保もこれに加わる。蘭たちはちひろを楯にして店を出ると、なぜかそのままついてくるちひろとともに横浜のディスコ跡に逃げ込むが、ちひろの密告を受けた梶と直子がこれを襲った。梶は宝石を持ち逃げしようとしたサユリを撃ち殺すと、ちひろを見捨てて直子と逃げようとする。しかし、猫目石が持ち去られたことを知った正道が強盗団を追ってその場に現れ、梶たちに斬りかかった。正道は宝石を手にすると、何処へともなく姿を消す。残された蘭たちは蘭のクラブに身をひそめ、翌朝、志保だけがこっそり抜け出して家に戻っていった。ちひろもこっそりディスコへ戻るが、そこで野崎組の放った刺客・代市に監禁される。さらに蘭と早紀も捕らえられ連れ込まれるが、猫目石を発見できなかった正道が再び現れ、組員たちを惨殺した。さらに正道は執拗に追ってくる代市に斬りかかりとどめを刺すが、次の瞬間、他の追っ手によって蜂の巣にされてしまう。蘭たちは自ら身をさらして、居並ぶヤクザに最後の戦いを挑んだ。半年後、蘭、早紀、ちひろの3人は野崎組の車を襲い、組長の野崎を撃ち殺した。

作品データ

製作年
1996年
製作国
日本
配給
松竹
上映時間
0分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

2.0

まだレビューはありません。
レビューを投稿してみませんか?