スーパーの女|MOVIE WALKER PRESS
MENU

スーパーの女

1996年6月15日公開,127分
  • 上映館を探す

激安店の出現により営業危機に追いやられたスーパーの専務が、幼なじみのスーパー好きの主婦の協力を得て経営を立て直すまでを描いたコメディ。監督・脚本は「静かな生活」の伊丹十三。撮影も「静かな生活」の前田米造。主演は「お葬式」以来、伊丹映画には欠かせない伊丹夫人の宮本信子と、同じく常連の津川雅彦。

ストーリー

※結末の記載を含むものもあります。

スーパー“正直屋”の専務・小林五郎は、ライバルの“安売り大魔王”が価格破壊の激安キャンペーンを開始したと知って早速調査に出向いたが、そこで偶然、幼なじみの井上花子と再会する。五郎は、スーパーの内情にやたらと詳しい花子が次々に安売り大魔王の激安トリックを見破ったことから、正直屋を立て直すために彼女にレジ主任として働いてもらうことにした。「いいスーパーには主婦を興奮させるドラマがある」と、花子は正直屋の改善に乗り出したが、現実は厳しかった。問題は次から次へと持ち上がり、特に花子を悩ませたのは、精肉部・鮮魚部・青果部の職人たちとの意思の疎通がはかれないことだった。職人というプライドから彼らはなかなか花子に心を開いてくれない。やがて副店長に抜擢された花子は、正直屋を「日本一お客様の立場に立ったスーパー」にするために、客の意見を直接聞くキャンペーンを実施する。その結果、食品の新鮮さを何より重視すべきだと考えた花子は、惣菜にも新鮮な素材を使用することと、肉や魚のリパックをやめることを提案する。パートの主婦たちの支持も得て花子の提案は五郎にも承諾されたが、職人たちは面白くなかった。そんな折、正直屋を買収しようと動いていた安売り大魔王の社長は、店長をはじめ職人たちをゴッソリ引き抜こうと画策する。しかし、花子の懸命の説得にスーパーの働き手としての自覚、誇りに目覚めた従業員たちは前にも増して結束を固め、結局、正直屋を離れたのは店長と精肉部のチーフのほか数名だけであった。以前から出入りの屑肉業者と結託して上等の肉を盗み出し、私腹を肥やしていた精肉部のチーフは、店長とともに安売り大魔王への手土産として正直屋の冷蔵庫から肉を盗み出していた。知らせを受けて現場へ駆けつけた花子は、手違いから冷凍車の荷台に閉じ込められてしまう。五郎はデコトラの運転手の協力を得て、とある漁港で花子を救出した。ここで偶然知り合った漁師の好意で、1月1日の初荷を全部仕入れる契約を結んだ花子たちは、お正月商戦においても、閑古鳥の鳴く安売り大魔王に見事勝利を納めた。

作品データ

製作年
1996年
製作国
日本
配給
東宝
上映時間
127分

[c]キネマ旬報社

映画レビュー

3.2
  • ひとみ

    3
    2009/3/16

    商売や経営力とは、世の中の動きに左右されるが、この映画も そんな生活に身近な存在のスーパーマーケットを題材に、伊丹映画が展開する。役者陣は、伊丹映画に欠かせないメンツばかり。内容的には、伊丹映画シリーズにあるように色々を盛り込んだカタチになっているが、どれも、ありそうな…(笑)。経営難のスーパーの“立て直し”をはかる様子を楽しめる。

    続きを読む + 閉じる -
    違反報告
  • 上海十月

    4
    2007/3/5

    「県庁の星」は、テレビドラマの2時間物の枠を少し超えた程度の映画だった。スーパーを題材としている点で、つい思い出すのがこの映画。伊丹監督のハウツーぽい所や付け足しのカーアクションや大人の恋愛が見事に絡まって昇華している。五郎と花子の出会いのシーンは、ビリー・ワイルダーのようだ。流れるような台詞は、聞いていても調子が良いし、画面に収まっている出演者は、台詞がなくてもキャラクターなりの演技をさせている。すべてが伊丹監督の計算に観客が乗せられるのが個人的には、少し気に障るけれども・・・今まだ、伊丹監督が存命だったらどんな映画を撮るのか想いをはせる。政治のタブー、北朝鮮だろうか?いずれにしても娯楽映画として撮り日本映画の巨匠然としない監督になっていたのだろう。今のテレビ局主体の映画製作に対してきっとコメントしたに違いない。「県庁の星」スタッフは、今一度伊丹映画を見ることを勧めます。

    続きを読む + 閉じる -
    ネタバレあり
    違反報告